サマースクールのおすすめは?人気国|国選びで重要なこと
更新日:

サマースクールのおすすめは?人気国|国選びで重要なこと

サマースクール、夏休み留学で人気の国はどこでしょうか。サマースクールの人気の理由や各国の特徴、留意すべきポイントに焦点を当て、国選びについてまとめています。サマースクールを検討する上で参考にしてください。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
サマースクール
最新情報を受け取ろう!
  • スタッフ帯同プログラムのご案内
  • サマースクールお役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

まだ間に合う!添乗付きプログラム

2024年夏、「新しい時代の留学」スタッフが帯同するプログラムのご案内です。出発から帰国まで、日本人スタッフが帯同いたします。

2024年帯同プログラ��ムイギリスバナー

  • このプログラムの見どころ!

  • 安心の日本人スタッフ帯同!

  • イギリスの大学に住み込み!

  • ハリー・ポッタースタジオツアーも!

開催地

イギリス オックスフォード

対象年齢

12歳〜17歳

期間

17日間 / 7月27日(土)〜 8月12日(月)

集合 / 解散場所

成田空港 / 羽田空港

プログラム費用

約50万円 + 航空券

申込期限

5月31日(金)

プログラムの資料や説明会をご希望の方はLINE、またはお問い合わせからご連絡ください。

サマースクールLINEバナー

サマースクールはなぜ人気なの?

サマースクールはなぜ人気なのでしょうか。理由は様々ですが、生徒が楽しめるようにプログラムされているのは確かです。新しい出会いや学びがあり、楽しく充実した体験ができるように構成されています。

サマースクールの多くは英語に焦点をあてていますが、机に座って学ぶだけではありません。アクティビティやスポーツ、生活を通して英語を学びます。また、英語レベルによっては専門的なコースにも参加可能です。普段とは違う環境での生活はお子様にとって刺激的な経験になるでしょう。特に海外のサマースクールでは、英語力の向上だけでなく異文化交流や多様性などを学ぶことができます。

また、お子様が家にいないことで、保護者様は普段の忙しい日常から少し離れることができます。ゆっくりした時間を過ごせるのも人気の理由です。


サマースクールで人気の国と各国の特徴

サマースクールで人気の国と各国の特徴

人気の国と各国それぞれの特徴を解説します。

日本

日本のサマースクールはデイスクールや数日間のキャンプが一般的です。海外のサマースクールとは異なり1週間以上のスクールはあまりありません。また、参加者のほとんどが日本人で様々な国籍の同世代と出会うのは難しいでしょう。しかし、海外サマースクールに比べて費用が安く、時差がないことが良い点です。

イギリス

イギリスのサマースクールはどの国よりも充実しています。アカデミックやスポーツ、その他専門コースも英語レベルに応じて参加可能です。ヨーロッパからの生徒が多く非常にバランスの良い国籍比率です。曇りイメージの強いイギリスも夏は天気が良く、日照時間も長いです。食事の美味しくないイメージもサマースクールではバランスの良い食事を摂ることができます。

アメリカ / ハワイ

留学先として人気のアメリカですが、サマースクールも同様です。アメリカのサマースクールは日本人を含め、アジア系も多く参加します。ハワイのサマースクールでは親は旅行、子供は学校といったスタイルもよくあります。アメリカでは、ビザの関係で他の国のサマースクールよりも授業時間が短くなり、アクティビティや遠足の時間が多くなります。

カナダ

カナダは治安の良さ、なまりの少ない英語などを理由に日本人が最も留学する国です。サマースクールも人気で、夏には多くの方が留学します。現地の学校に日本人スタッフも多く、初めてのサマースクールでも安心です。夏は天気も非常に良くて快適に過ごしていただけます。

オーストラリア

オーストラリアのサマースクールは他の国に比べて学校やコースが限定されます。理由は南半球で多くの国と季節が逆だからです。夏にオーストラリアへ留学を検討される方も多いですが、多国籍の環境を求めるのは少しむずかしいです。その代わり、現地の生徒と交流できるプログラムなどを用意している学校もあります。フライト時間も短く、ヨーロッパ・アメリカ・カナダに比べて航空券も安いことから費用を抑えたい方におすすめです。

ニュージーランド

ニュージーランドもオーストラリア同様に現地は冬なのでコースが少ないです。治安が良く、人ものんびりしているので落ち着いた環境を求めている方におすすめです。

マルタ

マルタは地中海の綺麗な海と歴史的建造物、治安の良さから人気の留学先です。最近では、映像が映えることで少しずつ認知されてきています。マルタのサマースクールはイギリスに比べて費用も割安であることからヨーロッパからの学生が多く参加します。ビーチが好きでウォーターアクティビティが好きなお子様におすすめです。

アイルランド

英語を学ぶならアイルランドと言われることもあります。アイルランド人の言語能力が高く、先生の話が聞きやすく、話すスキルが優れているのが理由です。また、サマースクールでホームステイを考えている場合もアイルランドがおすすめです。アイルランド人はとても温かく、おしゃべりなのでホストファミリーの良さを感じることができるでしょう。

その他の国

その他のサマースクールではスイス、スペイン、ドイツ、フランス、フィリピンなどが挙げられます。スイスはボーディングスクール型のサマースクールが人気です。スペイン・ドイツ・フランスのサマースクールでは母国語と英語の2つの言語でコースを受けることが可能です。フィリピンは費用を抑えたい方におすすめです。

サマースクールLINEバナー

国選びで留意すべきポイントと注意点

子供の興味・関心

サマースクールの国・都市選びでは、お子様の興味・関心が重要です。特定のトピックやなぜ海外に興味をもったのかなどを考えるとよいでしょう。好きなスポーツの発祥、英語の先生の出身国、好きな著名人・有名人の出身国など、些細なこともキッカケになります。

サマースクールは学びの機会でもありますが、新しい文化や環境を体験するチャンスです。国や都市、環境は時間をかけて選びましょう。

コース内容

サマースクールを開催している各国が教育について厳しい基準を設けているのは事実ですが、世界的に見るとサマースクールにもクオリティーに差があります。一般英語コースであればあまり多きな差はないですが、アカデミックな内容や専門性の高いコースに参加する場合、しっかりと国や学校を選びましょう。

また、日本の英語教育ではアメリカ英語が一般的ですが、多くの国ではイギリス英語が使われています。オーストラリアやニュージーランドはイギリス英語がルーツになっていて、マルタやアイルランド含め、多くのヨーロッパではイギリス英語がスタンダードです。日本では馴染みのあるアメリカ英語ですが、世界で見るとアメリカ英語よりもイギリス英語のほうが多くの国で話されています。

ご予算

サマースクールの費用は国や都市によって大きく異なります。コース費用、航空券、宿泊費、学費、食事代、その他諸経費、現地での生活費など、すべての費用を考慮して予算を立てましょう。

詳しい費用についてはこちらを参考にしてください。

はじめてのサマースクールはイギリスがオススメ!

初めてのサマースクールではイギリスをおすすめしています。サマースクールのプログラムの多さ、クオリティの高さから世界ではイギリスのサマースクールが最も有名です。各学校のサマースクールのお問い合わせは、「新しい時代の留学」の公式LINE、またはオンラインで個別に対応しています。お気軽にお問い合わせください。

サマースクールお問い合わせバナー

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
サマースクール
最新情報を受け取ろう!
  • スタッフ帯同プログラムのご案内
  • サマースクールお役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる