• スペイン留学
最終更新日:

【2024年】スペインワーホリの魅力とビザ申請について

スペインでワーキングホリデー。英語圏に比べるとまだまだ日本からの渡航者は少ないです。ヨーロッパ屈指の美しい国スペインでのワーホリにはどんな魅力があるのか?ワーキングホリデーのビザ申請情報も詳しくご紹介します。

  1. 目次

  2. スペインワーホリに行く理由

  3. - ヨーロッパでのワーホリ

  4. - コストを抑えられる!?

  5. - スペイン語園でのワーホリ

  6. スペインワーキングホリデービザの概要

  7. - ワーホリビザの申請条件

  8. - ビザ申請にかかる費用

  9. - ビザ申請期間

  10. - ビザ申請は大使館

  11. - 申請書類まとめ

  12. - まとめ|ビザ申請の流れ

  13. 語学学校でスペイン語を習得しよう!

スペインワーホリに行く理由

スペインワーキングホリデーは2017年から始まりました。比較的まだ新しいワーホリ協定国です。

自然豊かな国、美味しい料理、温暖な気候—

スペインの魅力については言うまでもありません。では、なぜスペインでワーホリをするのか?

今回はスペインワーホリの魅力を以下の3点に絞ってみました。

・ヨーロッパへの行きやすさ
・コスト面
・スペイン語圏でのワーホリ

ヨーロッパでのワーホリ

ヨーロッパに移住したい、暮らしてみたい。そんな夢を抱く人は少なくありません。

しかし、日本からヨーロッパへ行くには、20万円ほどの航空券に加えて、15時間以上の移動が必要です。もしもヨーロッパを拠点にすれば、週末にロンドンやパリへ気軽に行くことができます。

実際にスペイン(バルセロナ)から各都市へ行く際の費用と時間は以下の通りです。

目的地

往復航空券

フライト時間

ロンドン

11,200円

2時間10分

パリ

9,200円

1時間40分

ベルリン

15,800円

2時間40分

*2024年2月の料金

また、飛行機ではなく、高速鉄道「ユーロスター」で各国を移動することも可能です。

コストを抑えられる!?

実は、スペインは他の西ヨーロッパ諸国に比べて生活費が比較的安いんです。

スペインの主要都市、例えばマドリードやバルセロナにおいて、1ベッドルームの賃貸料は月平均約600ユーロです。これに対して、フランスのパリやイギリスのロンドンでは同様の物件が900ユーロ以上になることが一般的です。

日本円で計算すると、月4万円以上も安いです。この円安下でのワーホリ生活において、経済面はとても重要です。

スペイン語園でのワーホリ

そして、スペイン語を学びたい。ラテン系の国に憧れがある。

そういった方にとってスペインは上の2つも合わせて、最適な選択肢です。

現在、スペイン語圏のワーホリ協定国は3カ国しかありません。

スペイン語圏のワーホリ協定国

スペイン

メキシコ

アルゼンチン

※2024年時点

スペインワーキングホリデービザの概要

それでは、ここからはスペインワーキングホリデーのビザについて詳しくみていきましょう。

対象年齢

18~30歳

対象期間

1年間

ビザ発給人数

500人

ビザ申請方法

大使館領事部にて書類提出

ビザ申請について詳しくは、公式の最新情報を確認してください。

ワーキングホリデービザ|領事館サービス|スペイン大使館

1, ワーホリビザの申請条件

スペインワーキングホリデーのビザ申請条件として、年齢制限18~30歳があげられます。申請時に31歳になっていなければ申請可能です。日本国内で申請書類を揃えて、ビザ申請ができる方が対象です。

2, ビザ申請にかかる費用

スペインワーキングホリデーのビザ申請にかかる費用は、NIE申請費の1,427円のみです。ビザ申請費は0円です。

NIEとはスペインの外国人身分証明番号です。スペインで働くために必須の納税者番号にあたります。

3, ビザ申請期間

スペインワーキングホリデーのビザ申請は、渡航の90日前からが申請期間となります。それよりも前に申請をすることができません。

また、申請からビザ発給まで約8週間かかります。渡航までギリギリのスケジュールになることが多いため、事前にスケジュールを立てておきましょう。

4, ビザ申請は大使館

スペインワーキングホリデーのビザ申請は、申請者本人が東京のスペイン大使館に来館する必要があります。申請書類を大使館に提出します。

また、書類提出時とパスポートの受け取りと計2回大使館に行く必要があります

5, 申請書類

大使館来館時に提出する書類は以下です。申請書類の半分は大使館のHPでダウンロードし、印刷して記入しましょう。

1. 査証申請書
2. 写真(4.5 x 3.5 cm)1枚 - 申請書右上に貼付すること。(カラー写真で、背景が白色) 
3. パスポートとコピー2部(A4 サイズ)
4. 住民票(発行から 90 日以内のもの)

5. 1 年オープンの往復の航空券の予約、もしくは往路のみの航空券の予約
6. 経済能力の証明
7. 健康診断書
8. NIE(外国人登録番号)申請のための申請書 EX-15
9. NIE申請費用フォーム 790-012(スペイン国家警察総局への書類)
10. NIE申請費 
1,427円
11. ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書
12. Plan de viaje (旅行日程表) 

13. 無犯罪証明書(原本)

新しい時代の留学では、スペインワーホリビザの申請サポートを提供しています。ビザ申請書類の準備から渡航まで、プロのカウンセラーと二人三脚で準備をいたします。

まとめ|ビザ申請の流れ

スペインのワーホリビザ申請の流れは以下の通りです。

① 渡航日の決定

② 書類の準備

③ 東京の大使館で書類を提出(渡航より90日前から可能に

④ ビザ申請完了の連絡受け取り後、東京の大使館に再度来館

書類提出からビザ発給まで約8週間かかるため、ビザ申請のスケジュールはギリギリになりがちです。そのため、②書類の準備を渡航4〜5カ月前に始めることをオススメします。

語学学校でスペイン語を習得しよう!

スペインのワーキングホリデービザについて、申請情報を中心にまとめました。ヨーロッパへのワーキングホリデーの選択肢にスペインを入れてみてはいかがでしょうか?

スペインの魅力や、スペイン留学についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

そして、スペインでの生活の第一歩はスペイン語の習得です。

新しい時代の留学では、スペインの語学学校・滞在先の手配〜ビザ申請のサポートまで、すべて無料で提供しています。興味のある方はLINEを友だち追加して、ご連絡ください。

関連記事