• スペイン留学
最終更新日:

スペイン留学のビザの種類と申請方法。ビザなしでの滞在期間は?

ワーキングホリデーや語学留学にチャレンジする際、必ず必要となるビザ申請。スペインに中・長期で滞在するには、どんな種類のビザがあって、どのように申請すればいいのでしょうか。

  1. 【目次】

  2. スペインに滞在できるビザの種類

  3. - ワーキングホリデービザ

  4. - 学生ビザ(短期・長期)

  5. スペインのビザ申請方法

  6. - ビザ申請の簡単な流れ

  7. - ビザ申請に必要な書類

  8. - スペイン入国は常にビザが必要?

  9. ビザなしでの滞在期間は?

スペインに滞在できるビザの種類

私たち日本人がスペインに中・長期で滞在するには、主に以下2種類の方法があります。

・ワーキングホリデービザ
・学生ビザ(短期・長期)

滞在の目的は人それぞれ。簡単に分けると、

・現地生活を楽しみつつ仕事をしてお金を稼ぐ
→ワーキングホリデービザ

・ガッツリとスペイン語を勉強する
→学生ビザ

このようになるかと思います。以下、それぞれの概要をご紹介します。

ワーキングホリデービザ

滞在期間

1年間

対象年齢

18~30歳(申請時点)

ビザ発給人数

年間500人

ビザ申請手数料

無料

就学・就労制限

なし

イギリスやオーストリアなどと比較して知名度は低いですが、スペインは日本人のワーホリを受け入れています。

年齢制限こそありますが、1年の滞在が保証され、就労・就学の制限がない自由なビザです。

年間の受け入れ人数は500人。気になる倍率ですが、インターネット上の情報によると、ここ数年は上限に達していないようです。年中いつでも申請を受け入れているので、自分のタイミングでの応募が可能です。

スペイン語を学びながら、仕事を見つけて自立した生活を送りたいという方にオススメです。

学生ビザ(短期・長期)

次に学生ビザ。こちらは短期・長期の2種類に分けられます。

短期学生ビザ

滞在期間

3カ月~6カ月(91日~180日)

対象年齢

18歳以上

ビザ発給人数

制限なし

ビザ申請手数料

80ユーロ(約13,000円)

就学・就労制限

就学必須・就労不可

こちらは半年以内のビザ。3~6カ月でみっちりとスペイン語を学びます。

就労は認められていません。

長期学生ビザ

滞在期間

6カ月(181日)以上

対象年齢

18歳以上

ビザ発給人数

制限なし

ビザ申請手数料

80ユーロ(約13,000円)

就学・就労制限

就学必須・手続き後、週20時間以内で就労可能

6カ月以上滞在する場合は、長期学生ビザの取得が必要になります。更新すれば最長4年間にわたり勉強でき、その後マスター(修士課程)に切り替えることも可能です。

このビザでは、申請して労働許可を得ることができれば、週20時間以内に限り仕事をすることができます。州ごとに規制が違うので、詳細は確認が必要です。

ちなみに3カ月以内のスペイン留学はビザが必要ありません。

スペインのビザ申請方法

ワーキングホリデービザと学生ビザでは、それぞれ申請方法や内容が異なります。

ビザ申請の簡単な流れ

1. 申請書類の用意
2. 東京のスペイン大使館に訪問(1回目:申請書類提出)
3. 東京のスペイン大使館に訪問(2回目:パスポート受け取り)
4. 日本出発・スペインへ

ワーホリ・学生ビザどちらでも、ビザ申請の簡単な流れは上記のようになります。

申請書類の提出とパスポート受け取りは、どちらも申請者本人が東京都・港区にある在日スペイン大使館に出向く必要があります。(郵送不可)

駐日スペイン大使館 (exteriores.gob.es)

ビザ申請に必要な書類

申請に必要な書類についても、ワーホリビザと学生ビザは基本的には同じです。

ワーキングホリデービザ

1. 査証申請書
2. 写真(4.5 x 3.5 cm)1枚 - 申請書右上に貼付すること。(カラー写真で、背景が白色))
3. パスポートとコピー2部(A4サイズ)
4. 住民票(発行から 90 日以内のもの))
5. 1 年オープンの往復の航空券の予約、もしくは往路のみの航空券の予約
6. 経済能力の証明
7. 健康診断書
8. NIE(外国人登録番号)申請のための申請書 EX-15
9. NIE申請費用フォーム 790-012(スペイン国家警察総局への書類)
10. NIE申請費 1,427円
11. ワーキングホリデービザ申請に伴う宣誓書
12. Plan de viaje (旅行日程表))
13. 無犯罪証明書(原本)

詳しくはこちらをご覧ください。

なお、申請書類の内容などは変更される場合があります。必ず最新の情報を確認して下さい。

ワーキングホリデービザ (スペイン外務省)

学生ビザ

1. 査証申請書
2. 写真(4.5 x 3.5 cm)1枚 - 申請書右上に貼付すること。(カラー写真で、背景が白色)
3. パスポートとコピー2部(A4サイズ)
4. 現地学校が発効する入学許可証・もしくはインターンシップやボランティアプログラムなどの契約証明
5. 住民票(発行から 90 日以内のもの)
6. 経済能力の証明
7. 健康診断書
8. NIE(外国人登録番号)申請のための申請書 EX-15
9. NIE申請費用フォーム 790-012(スペイン国家警察総局への書類)
10. NIE申請費 1,427円
11. 無犯罪証明書(原本)パスポートとコピー

短期学生ビザ(3カ月~6カ月の滞在)の場合、

・健康診断書
・NIE関連書類(就労に必要な書類)
・無犯罪証明書

の3点は必要ありません。

これらについても、下記サイトなどから最新情報を確認するようにしましょう。

学生ビザ(スペイン外務省)

Spanish Student Visa Type D - Long-term Visa to Study in Spain | Complete Guide (bcnlip.com)

スペイン入国は常にビザが必要?

ここまで、ワーキングホリデービザと学生ビザの2種類をピックアップしてきました。

それでは、スペインに入国する時には必ずビザが必要なのでしょうか?

答えは「ノー」です。観光や家族・友人の訪問など、短期間のスペイン滞在にはビザは必要ありません。

また、学生ビザ申請はスペイン国内で申請が可能です。

ビザなしでの滞在期間は?

日本国籍の保有者は、「90日以内」ならスペインを含むシェンゲン協定加盟国にビザなしで滞在することが可能です。

そのため、3カ月以内のスペイン留学にはビザなしで問題ありません。

観光ビザ

観光ビザと書きましたが、特に書類の申請などは必要ありません。

日本のパスポートさえ持っていれば、スペインやドイツ、フランスなどを含むヨーロッパの国々のうち、シェンゲン協定に加盟する27カ国を自由に往来することができます。

協定内の国に一度入国すれば、協定国の間を移動する際は、国境をまたいでもパスポートを提示する必要がありません。

27加盟国はこちら。(イギリスは非加盟国です、注意してください)

Schengen Countries: What Are They? - AXA Schengen (axa-schengen.com)

新しい時代の留学では、スペインの語学学校・滞在先の手配~ビザ申請のサポートまで、すべて無料で提供しています。興味のある方はLINEを友だち追加して、ご連絡ください。

関連記事