イギリスの都市でおすすめは?都市選びのアドバイス
更新日:

イギリスの都市でおすすめは?都市選びのアドバイス

どのイギリスの地域、街に滞在するのか、ということはイギリス留学を考える上で非常に重要な選択です。ですがイギリス渡航前にどの街が自分にとってピッタリなのかを知ることは至難の業です。今回はそんな難しく感じる地域・街選びのポイントについてご紹介します。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
イギリス留学
最新情報を受け取ろう!
  • YMSの最新申請状況をアップデート
  • イギリス留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

イギリスの概要

イギリスの正式名称は、The United Kingdom of Great Britain & Northern Ireland(グレートブリテン・北アイルランド連合王国)と言い、England(イングランド)、Scotland(スコットランド)、Wales(ウェールズ)、Northern Ireland(北アイルランド)の4つの国から構成される立憲君主制国家です。

イギリスの都市の種類

イギリスの都市を簡単に地域別・特徴別に分けると以下のようになります。以下はあくまでも一例です。

  • 4つの国の各首都   

  • London (ロンドン) イングランド、またイギリス全体の首都

  • Edinburgh(エディンバラ) スコットランドの首都

  • Kardif(カーディフ) ウェールズの首都

  • Belfast(ベルファスト) 北アイルランドの首都

  • 中都市

  • Manchester(マンチェスター)

  • Bristol(ブリストル)

  • Leeds(リーズ)

  • Birmingham(バーミンガム)

  • Liverpool(リバプール)など

  • 学研都市

  • Oxford(オックスフォード)

  • Cambridge(ケンブリッジ)など

  • 海辺近くの都市

  • Brighton(ブライトン)

  • Bournemouth(ボーンマス)

  • Portsmouth(ポーツマス)など

  • 地方

  • Colchester(コルチェスター)

  • Bath(バース)など

  • スコットランド

  • Edinburgh(エディンバラ)

イギリスの都市を選ぶ時のポイント

イギリスと一言でいっても、国や地域、都心か郊外かによって大きくその印象は変わります。イギリスの個性豊かな都市の中から、ご自身にピッタリの留学先を見つけるためのポイントをご紹介いたします。

ご希望の留学スタイルから選ぶ

まずはご自身の留学スタイルから見ていきましょう。留学の方法として、ここでは語学学校へ通う場合の、「ワーホリ」「短期留学」「長期留学」を例としてあげています。

ワーホリ

ワーホリ(YMS)は働きながらイギリスに滞在し、学校へ通うこともできる制度です。「働く」ことを念頭に置くと、ワーホリでイギリスに滞在する場合はロンドンなどの大きな都市がおすすめです。都市部には働き口が多いことはもちろん、語学学校も多く、また交通手段も発達しているため、仕事場と学校の行き来がより手軽にできるメリットがあります。また、仕事の種類も豊富で、ご自身の興味関心に関連する求人も都市部の方が多いでしょう。

短期留学

3ヶ月〜半年以内に終わる短期留学では、短い滞在期間を色濃く充実させたい方が多く、首都もしくは中都市がおすすめです。首都・中都市は空港や移動手段が発達しており、その滞在場所だけでなくイギリス全土やヨーロッパ諸国などへの旅行にも向いており、短い期間でもしっかりと思い出を作ることができます。また、都市部では活発なイベント開催や刺激的な場所が多くあり、数ヶ月に及ぶ期間の留学でも飽きることがないでしょう。

長期留学

半年以上〜数年単位の長期留学では、物価が安く、留学費用を抑えられる場所がおすすめです。物価の安い郊外の地域では静かに英語の勉強をすることもでき、長期留学で集中的に英語力の向上に集中したい方には特におすすめです。

都市の特徴・魅力で選ぶ

次に、地域の特徴・魅力別に見ていきましょう。

都会か地方か

都会と地方、どちらにもそれぞれ利点と欠点があります。利点の裏返しが欠点になることもあり、それぞれの人の価値観によって変わってくるところかと思いますが、一つの例として以下でご紹介します。また自分の「生まれ育った環境に似ている場所」の方が比較的馴染みやすい、ということもぜひ念頭において参考にしてみてください。

  • 都会の利点 

  • イベントや文化施設などが多く刺激的で、飽きることが少ない

  • 交通網が発達しており、旅行や移動に便利

  • 仕事先や学校の選択肢が多い

  • 様々な人が集まってくるため、比較的外国人にも開放的

  • 標準的な英語に加えて様々な英語のアクセントに触れることができる

  • 地方の利点

  • 静かに勉強に集中することができる

  • 日本人が少なく英語に集中できる

  • 伝統的なイギリスの習慣やその地域のアクセントに触れることができる

  • 治安が比較的良い

  • 生活費が都会に比べて安い

  • 都会の欠点

  • 勉強に集中しにくい可能性がある

  • 治安が悪い

  • 日本人が多く、英語の勉強に集中しにくい可能性がある

  • 生活費が高い

  • 人が多い

  • 地方の欠点

  • 旅行などをするのに交通が不便、旅費が高い場合がある

  • 刺激があまりなく、人も少なく、飽きてくる可能性がある

  • 仕事先や学校の選択肢が比較的少ない

  • あまりにも田舎の場合、外国人に対して閉鎖的な場合がある

気候

イギリスの気候というと、薄暗くて雨が降っている景色を想像される方が多いと思いますが、実は年間のイギリスでの降水量は日本よりも量が少ないです。雨の量が少ない代わりに、雨がちょっとでも降る日が多いのが特徴で、1日のうちに気候がコロコロと変化します。

また緯度の高さや風の影響により、地域によって細かい気候の特徴が随分と違うのも、イギリスの気候の特徴です。

  • イギリスの気候

  • NE(北東:North East):
    寒い冬、涼しい夏、一年を通して安定して雨が降る。(例)Edinburgh

  • SE(南東:South East):
    寒い冬、温かく乾燥した夏。(例)London

  • SW(南西:South West):
    温和で非常に湿潤な冬、温かく湿潤な夏。(例)Bournemouth

  • NW(南西:North West):
    温和な冬、涼しい夏、一年を通して激しい雨が降る。(例)Liverpool

気候|イギリスの都市でおすすめは?都市選びのアドバイス

(地図参考:BBCニュース記事

英語アクセント

他の英語圏の国と同様に、イギリス国内にも沢山の種類の英語のアクセントがあります。またイギリスには王や貴族などの支配階級が今も存在しているため、地域差だけでなく社会的地位によってもアクセントに違いが出ているのが特徴です。

イギリスのおすすめ都市

上記でご紹介してきた「イギリスの都市を選ぶ時のポイント」をもとにいくつかの都市を見ていきましょう。

留学先人気No.1 London(ロンドン)

言わずと知れた世界的にも有名な都市ロンドン。世界中から様々なバックグランドを持った人々が集まってくる国際都市です。ワーホリ、留学どちらの目的でも人気が一番ある街です。

London(ロンドン)

ロンドンの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • London(ロンドン)

  • 人口:約898万人

  • 気候:寒い冬、温かく乾燥した夏

  • 有名な英語アクセント:Multicultural London English(様々な国から集まってくるため様々なアクセントが混ざったアクセント)、Cockney(主にロンドンの労働者階級の人々が話すアクセント)

  • ランドマーク:ビックベン、大英博物館、グリニッジ天文台

学研都市

イギリスの大学のなかで特に有名なのがオックスフォード大学とケンブリッジ大学です。オックスフォードとケンブリッジにはその有名な大学だけでなく、語学学校やその他専門学校なども周辺に複数集まっており、学研都市・学生街として有名です。

Oxford(オックスフォード)

オックスフォードの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Oxford(オックスフォード)

  • 人口:約15万人

  • 気候:寒い冬、温かく乾燥した夏

  • 有名な英語アクセント:Received Pronunciation(地域というよりも、オックスフォード大学生のアクセント)

  • ランドマーク:オックスフォード大学、ボドリアン図書館、アリスズショップ

Cambridge(ケンブリッジ)

ケンブリッジの��語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Cambridge(ケンブリッジ)

  • 人口:約12万人

  • 気候:寒い冬、温かく乾燥した夏

  • 有名な英語アクセント:Received Pronunciation(地域というよりも、ケンブリッジ大学生のアクセント)

  • ランドマーク:ケンブリッジ大学、ケム川、ラウンド・チャーチ

中都市

ロンドンほどの大都会ではないですが田舎でもない、そんな中都市を紹介します。ちょうど都会と田舎の良いところを合わせたような良さがあります。

Manchester(マンチェスター)

マンチェスターの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Manchester(マンチェスター)

  • 人口:約55万人

  • 気候:温和な冬、涼しい夏、一年を通して激しい雨が降る

  • 有名な英語アクセント:Mancunian

  • ランドマーク:マンチェスター市庁舎、ジョンライランズ図書館、ロイヤルエクスチェンジ

Liverpool(リバプール)

リヴァプールの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Liverpool(リバプール)

  • 人口:約55万人

  • 気候:温和な冬、涼しい夏、一年を通して激しい雨が降る

  • 有名な英語アクセント:Scouse

  • ランドマーク:アルバート・ドック、マシュー・ストリート、リバプール大聖堂

Bristol(ブリストル)

ブリストルの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Bristol(ブリストル)

  • 人口:約57万人

  • 気候:温和で非常に湿潤な冬、温かく湿潤な夏

  • 有名な英語アクセント:Bristorian

  • ランドマーク:クリフトン吊り橋、SSグレートブリテン、カボットタワー

Leeds(リーズ)

リーズの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Leeds(リーズ)

  • 人口:約9万人

  • 気候:寒い冬、温かく乾燥した夏

  • 有名な英語アクセント:Yorkshire

  • ランドマーク:ローマン・バス、ロイヤル・クレセント、パルトニー橋

海辺近く

南西に位置している、比較的暖かで、太陽が輝いているイメージのある地域になります。ビーチの近くということもあり、特に夏にはバカンスのような雰囲気が漂います。

Brighton(ブライトン)

ブライトンの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Brighton(ブライトン)

  • 人口:約14万人

  • 気候:温和で非常に湿潤な冬、温かく湿潤な夏

  • ランドマーク:ブライトン・ピア、ロイヤルパビリオン、セブンシスターズ

Bournemouth(ボーンマス)

ボーンマスの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Bournemouth(ボーンマス)

  • 人口:約17万人

  • 気候:温和で非常に湿潤な冬、温かく湿潤な夏

  • ランドマーク:ボーンマスビーチ、ラッセル・コーツ美術館、ローワーガーデンズ

Portsmouth(ポーツマス)

ポーツマスの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Portsmouth(ポーツマス)

  • 人口:約19万人

  • 気候:温和で非常に湿潤な冬、温かく湿潤な夏

  • ランドマーク:スピンネーカータワー、メアリー・ローズ博物館、ポーツマス歴史館

スコットランド

Edinburgh(エディンバラ)

エディンバラの語学学校一覧|新しい時代の留学

  • Edinburgh(エディンバラ)

  • 人口:約49万人

  • 気候:寒い冬、涼しい夏、一年を通して安定して雨が降る

  • 有名な英語アクセント:Scottish(映像はニュージーランド生まれの議員の方がスコットランドの議員の方の訛りを聞き取れずに何度も聞いてしまう場面です)

  • ランドマーク:ロイヤルマイル、ホリールードハウス宮殿、エディンバラ城

留学先はご自身にあったベストな場所を!

留学先の街選びは、学校選びと同じくらい大切です。都会か田舎か・英語のアクセント・気候など、沢山の情報があり迷ってしまうこともあるかと思いますが、ご自身の優先順位を考慮しながら、馴染みのある生活環境を選ぶのがポイントです。

「新しい時代の留学」ではワーホリ・留学前の事前カウンセリングを無料で行っています。どんなプランや計画がご自身にとって最適かご案内いたします。ご希望の方は公式LINEからご連絡ください。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
イギリス留学
最新情報を受け取ろう!
  • YMSの最新申請状況をアップデート
  • イギリス留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる