オーストラリアでの保険加入について|留学、ワーホリ
更新日:

オーストラリアでの保険加入について|留学、ワーホリ

オーストラリアへ留学・ワーホリを予定されている方の中には、海外旅行保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、海外旅行保険の加入を検討する上で知っておきたい、オーストラリアの医療事情と日本との違いについて簡単に説明いたします。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
オーストラリア留学
最新情報を受け取ろう!
  • ワーホリ最新情報をアップデート
  • オーストラリア留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

新しい時代の留学では、ご自身のプランにそってLINEでかんたんにお見積りをすることができます。また、ご相談・お困りごともお気軽にご質問ください。

海外旅行保険の見積もりLINEバナー

オーストラリアの医療事情

オーストラリアは「メディケア」とよばれる、日本の「国民皆保険制度」と同様な制度を持つ国です。日本から留学やワーホリで渡航する場合、メディケアの枠外となるので医療費は高額になります。また、医療体制は日本と大きく異なります。

初診はGP(General Practitioner)へ

日本では、そのときの症状に合わせて何科を受診するか、患者側が決めることができます。例えば、お腹が痛いのであれば内科へ、足が痛いのであれば整形外科へというように、症状に合わせて専門医を受診することができます。しかしオーストラリアでは、どのような症状でも一番最初に受診する医療機関はGP(かかりつけ医・General Practitioner)と決められています。

GPを受診後、より専門的な医療機関の受診が必要と判断されれば、専門医を受診することができます。

病院

病院は、公立病院と私立病院があります。もちろん私立病院の方が医療費は高いですが、待ち時間が短く、医療設備が揃っているので安心して受診することができます。

救急の場合

事故やその他急病の場合は、救急病院を受診します。

救急時の医療体制は、日本と大きく異なります。日本では初期、2次、3次救急というふうに重症度に合わせて医療機関が分かれています。しかしオーストラリアでは、1つの救急専門の医療機関が全ての救急を担うため患者が集中します。その結果、重症度の低い患者は後回しにされ、待ち時間が非常に長いといわれています。

主要都市には日本語が通じる病院がある

日本語医療センター

シドニー、メルボルン、ブリスベンといった主要都市には、日本語で医療が受けられる日本語医療センターがあります。医師も看護師も日本人のため、言葉の壁がなく、安心して受診することができます。

オーストラリアの医療費

シドニーでの医療費の目安です。(出所:東京海上日動「世界の医療と安全」)

公立病院の部屋代(1日当たり)

  • 個室:約83,000円以上

  • 一般病棟:約83,000円以上

  • I.C.U/C.C.U:約83,000円以上

※薬代、X線代、検査費、医師費用を除く

私立病院の部屋代(1日当たり)

  • 個室、一般病棟、I.C.U/C.C.U:約180,000円以上

※薬代、X線代、検査費、医師費用を除く

虫垂炎の手術費

  • 公立病院:約486,000円

  • 私立病院:約836,000円

※麻酔費を除く

シドニーから日本への移送費

約7,630,000円(ストレッチャー費用、定期便利用、付き添い医師1名、看護師1名)

※利用する航空会社、時期により異なる

渡航先で交通事故に遭った場合や病気で倒れた場合、日本で治療を受けることを望む方もいらっしゃいます。日本へ移送となると、かなり高額です。

オーストラリアで加入する医療保険

学生ビザ:OSHC(Overseas Student Health Cover)

学生ビザで渡航する場合、OSHC(海外留学生健康保険)に加入しなければなりません。OSHCでは、オーストラリアで病院を受診した際の医療費が補償されます。

日本の海外旅行保険との違い

  • ①救援者費用・治療のための日本への移送・遺体搬送費用

  • OSHC → ×

  • 日本の海外旅行保険 → ○

OSHCでは、事故、ケガ、病気などで日本に移送して治療する場合や死亡時に遺体を搬送する費用の補償はありません。前述の通り、移送費は非常に高額ですが、日本の海外旅行保険では補償の対象となります。また、現地でご自身に万が一のことがあった場合、ご親族が現地に駆けつけるための費用も補償されます。

  • ②賠償責任補償・生活用動産の補償

  • OSHC → ×

  • 日本の海外旅行保険 → ○

OSHCでは、賠償責任の補償や身の周り品に関する補償はありません。

  • ③オーストラリア国外での補償

  • OSHC → ×

  • 日本の海外旅行保険 → ○

OSHCでは、オーストラリア国外での医療費は補償の対象外です。日本の海外旅行保険は、オーストラリア国外への旅行時や日本への一時帰国中も補償の対象となります。

  • ④日本語での相談

  • OSHC → ×

  • 日本の海外旅行保険 → ○

日本の海外旅行保険では、日本語で24時間相談できる窓口があります。医師や看護師が常駐していて医療相談ができる保険会社もあります。OSHCはあくまで現地の医療保険です。不足を補うために、日本の海外旅行保険に加入することをおすすめいたします。

海外旅行保険を選ぶときのポイント

日本の保険会社が取り扱う海外旅行保険は、日本を出国する前に加入する必要があります。海外へ渡航後は加入することはできないので注意が必要です。

オーストラリアの海外旅行保険は安い?

海外旅行保険の保険料は、保険会社・渡航期間・どのような補償を選ぶかによって異なります。年間で約15万円〜20万円の保険料となり、決して安いとはいえない金額です。しかし、オーストラリアは万が一の際の医療費が数百万を超えるような国ですから、一概に保険料が高いとはいえません。

補償内容

心配なのは万が一の際の高額な医療費です。これを補償するのが「治療・救援費用」という補償項目です。支払限度額を選択することができ、1,000万円〜無制限まで幅があります。スポーツをされる方は無制限を選ばれると安心です。

キャッシュレス・メディカルサービスの確認

海外旅行保険には、キャッシュレス(病院での自己負担なし)で治療が受けられるサービスが付帯されています。事前に保険会社へ連絡をすることで、病院の紹介、予約の手配、治療費の支払いまでサポートをしてくれます。

留学・ワーホリ向け海外旅行保険のおすすめ保険会社

東京海上日動

東京海上日動は、日本の損害保険会社の中でもトップクラスの規模です。万が一の際の対応も安心です。海外旅行保険においても、留学生、ワーホリでの渡航者、企業の駐在員まで幅広く取り扱っています。

ジェイアイ傷害火災保険

ジェイアイ傷害火災保険は、JTBとAIGの合弁会社で、旅行保険を中心に取り扱っています。現地での窓口として「Jiデスク」を各地域に設置しているので安心です。(日本人の渡航先の86.4%をカバー)

まとめ

ここまで簡単にオーストラリアの医療事情と海外旅行保険に加入するメリットについて説明しました。オーストラリアの国土は日本の約20倍と非常に広大な国です。救急の搬送にはヘリコプターも使われ、費用も非常に高額です。

日本とは異なる事情をよく理解した上で、準備を怠らないことが肝要です。海外旅行保険に加入することで、現地で病気になったりケガをしたときに日本語でのサポートを受けることができるのは安心です。

お客様からのお問い合わせ・お見積もりのご依頼を随時受付しております。ご相談・お困りごとがございましたら、LINEでお気軽にお問い合わせください。

海外旅行保険の見積もりLINEバナー

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
オーストラリア留学
最新情報を受け取ろう!
  • ワーホリ最新情報をアップデート
  • オーストラリア留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる