オーストラリアの学生ビザでバイトができる?申請方法や条件は?
更新日:

オーストラリアの学生ビザでバイトができる?申請方法や条件は?

ワーキングホリデーのような「働く&学ぶ留学」が最近人気を集めていますが、実はオーストラリアの学生ビザでもそれに劣らず「働く&学ぶ」ことができます。

それでは、具体的に、そんなオーストラリアでの学生ビザではなにができるのか、また、ビザの詳細を詳しくご紹介していきます。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
オーストラリア留学
最新情報を受け取ろう!
  • ワーホリ最新情報をアップデート
  • オーストラリア留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

オーストラリアの学生ビザではなにができる?

まずは、学生ビザを持つとオーストラリアで何ができるのか、見ていきましょう。

3ヶ月以上学校に通うことができる

オーストラリアの学生ビザは、3ヶ月以上現地の学校に通うことを目的とした場合に申請できます。

学校は政府認定校の「語学学校、TAFE(職業訓練専門学校)、専門学校、大学等」から選ぶことができ、そのコースをフルタイム(週20時間以上)で受講することになります。

学生ビザで渡豪することの最大のメリットは、学ぶことを最優先にできる点です。せっかく英語圏に滞在するならば、英語力に自信を持って帰国したいですよね。学生として英語を効率的にインプットしつつ、その英語で他の専門知識を学んだり、現地でアルバイトをしたりしてアウトプットが出来るのは、学生ならではの利点です。

アルバイトができる

もともとオーストラリアの学生ビザでは労働することが許可されていましたが、2週間で40時間以内という制限付きでした。(学校のコースが始まる前での就労はできません。)

なお、2023年7月1日からは新しい条件「2週間で48時間まで」の労働規制となり、コロナ以前の制限よりも長く働ける制限となります。

  • 2023年7月1日から適用

  • パートタイム勤務(最大48時間/2週間)

  • 休暇中ならフルタイム(20時間以上/週)可能

LINEバナー|留学費用、語学学校見積もり

出典 オーストラリア政府HP:Visa500

同行する扶養家族も働くことができる

実は、オーストラリアが発行する学生ビザには扶養家族の就労許可も付与されます。自分だけでなく、パートナーや家族と一緒に渡航したいと考えている方には嬉しいことだと思います。

就労条件|オーストラリア学生ビザ

オーストラリア学生ビザのメリット

次に、学生ビザで滞在することにはどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

ワーホリビザを取っておくことができる

1年間のワーホリ期間で学校に通う方が多いですが、それだとフルタイムで働ける時間が短くなってしまいます。オーストラリアに長くいたい方はワーキングホリデーの前に英語力を鍛えられる学生ビザを検討してみてはいかがでしょうか?

実際にオーストラリアで働く前に、現地の生活はどんなものかを知っているのは大きなアドバンテージです。時間とお金はかかりますが、それでも将来的には一番の近道になるはずです。

30歳の年齢制限がない

ワーホリ申請では30歳まで、という年齢制限がありますが、学生ビザは何歳でも申請することができます。特に30歳以上の方で、ワーホリには申請できず諦めた方などは、この就労も可能な学生ビザはとても魅力的かと思います。

オーストラリア学生ビザのデメリット

反対に、オーストラリアに学生ビザで滞在するとどのようなデメリットがあるのか、見ていきましょう。

留学費用が追加でかかる

学生ビザで渡豪することは、ワーホリと違い、現地で生活する費用に加えて学費が必要になります。長期の留学になればその分学費にかかるコストも増えますが、将来への先行投資と考えましょう。

また、ワーホリで渡豪される方も最大17週間は語学学校に通うことができるので、そう考えると学生ビザもワーホリビザもあまり大きな違いはないかもしれません。

学生ビザの期間・規則は?

では、実際にオーストラリアの学生ビザはどれくらいの期間で、どんなルールがあるのか見てみましょう。

ビザの有効期間

学生ビザでは「就学期間+ 1〜2ヶ月」の期間での滞在が許可されます。その+ 1〜2ヶ月はなんらかの理由でコースを延長したりずらしたりする必要がでた場合のために設定されています。

  • ビザの有効期間

  • 就学期間10ヶ月以下 就学期間+コース終了日から1ヶ月

  • 就学期間10ヶ月以上 就学期間+コース終了日から2ヶ月

学生ビザの規則

オーストラリアでは留学生に対し厳しい規則を設けており、これらの規則に従わない場合、ビザが取り消されます。下記の項目をしっかりと理解した上で、学生ビザを取得しましょう。

  • 学生ビザの規則

  • 政府認定校にて運営されるコースに在籍する

  • フルタイムコースで修学する(パートタイムは不可)

  • 就学期間中の出席率を 80%以上に保つ

  • 学生ビザ期間中、海外留学生保険(OSHC)に加入する

  • 学業成績を平均で保つ

  • 同じコースを2度以上修学しない(コースのやり直しは、1度のみ可能)

  • オーストラリアの法律を守る

学生ビザは、一定の出席率(各タームの80%)をクリアすることが条件とされ、この条件を達成していれば学生ビザを延長することも可能です。

また、逆にその条件がクリアできていない学生に関しては、学校側から移民局に通達することが義務化されており、その場合学生ビザ自体がキャンセルされることがあります。

LINEバナー|留学費用、語学学校見積もり

オーストラリアの学生ビザ申請について

オーストラリアの学生ビザは現在 Subclass 500 となっており、オンラインで申請することができます。。以前までは教育機関に沿った学生ビザ(語学学校、専門学校、大学など)を申請する必要がありましたが、現在はいずれの教育機関の場合も、同一の学生ビザ(Subclass 500)を申請することになります。

出典
オーストラリア政府HP:申請の流れ
オーストラリア政府HP:Visa500

申請条件

オーストラリア学生ビザ 申請条件

申請料金

学生ビザの申請料金は、日本国内からの申請だと$715(2023年の7月1日から。それまでは$650)です。

オーストラリア国内からの申請だと1度目は$715、2度目以降は$715+$700となります。

申請に必要なもの

オーストラリア学生ビザ 申請に必要なもの

オーストラリア学生ビザの申請についてご質問がある方は、お気軽にビザ申請についてもご質問ください。「新しい時代の留学」はビザ申請のサポートを提供しています。

LINEバナー|留学費用、語学学校見積もり

学生ビザ満了後もオーストラリアに滞在するには

学生ビザを満了してからも、オーストラリアにもっといたい!と思う方もいるでしょう。

実は、オーストラリア学生ビザを持っている人は「2ndワーホリビザ」「学生ビザ」「観光ビザ(ETA)」にオーストラリア国内で切り替えて、その後も現地に滞在し続けることが可能です。それぞれ条件が違いますので随時確認する必要があります。

2ndワーホリビザ

学生ビザを満了かつセカンドワーホリの申請条件をクリアしている場合、申請可能です。2ndワーホリを申請すると、そのビザ取得日より1年間滞在が可能です。

1回目のワーホリであればオーストラリア国内からは申請できませんので、一度日本に帰国してから申請することになります。

ワーホリビザの種類や申請条件などについて詳しく知りたい方はこちら

学生ビザ

学生ビザを満了後に、新たにもう一度学生ビザを取る方法です。既に持っている学生ビザが切れる1ヶ月前には新しい学校を決めるといいでしょう。

観光ビザ(ETA)

観光客としてのビザを申請して、滞在する方法です。観光ビザ(ETA)は一度申請すると、12ヶ月またはパスポートの有効期限のどちらか短い期間まで有効です。その期間の間に複数の訪問が可能で、一度の訪問で最長3ヶ月滞在できます。就労は不可ですが、最大3ヶ月まで学校に通うことは可能です。

持っている学生ビザが切れる約2週間前に申請するといいでしょう。

オーストラリアで学生ビザからワーホリに

「学ぶ&働く」ことができるオーストラリアの学生ビザ。オーストラリアに行く、学ぶ、働くと言っても、ワーホリだけではなく幅広い選択肢があります。その中でご自身に一番あった道を見つけましょう。

現在ワーホリをお考えの皆さんも、一度立ち止まって自身の英語力などを考慮しながら、「学生ビザ」の選択肢も新しく視野に入れてみてはどうでしょうか

「新しい時代の留学」では、オーストラリアのワーホリはもちろん、語学学校や専門学校についても、幅広く対応しております。お気軽にご相談くださいね。

LINEバナー|留学費用、語学学校見積もり

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
オーストラリア留学
最新情報を受け取ろう!
  • ワーホリ最新情報をアップデート
  • オーストラリア留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる