コロナ禍の一時帰国|こんな時代の留学
更新日:

コロナ禍の一時帰国|こんな時代の留学

こんにちは、ガチャです。YMS(Youth Mobility Scheme≒ワーホリ)Visaで2020年9月15日からロンドンで生活しています。第10話のテーマは「コロナ禍の一時帰国」。21年1月5日からイギリス全土で3度目のロックダウン(都市封鎖)が導入されたことを受け、筆者は悩んだ末に一時帰国を決断しました。約2カ月間(1月9日〜3月17日)の日本での生活や、この帰国が自分に与えた影響などについて振り返っていきます。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
イギリス留学
最新情報を受け取ろう!
  • YMSの最新申請状況をアップデート
  • イギリス留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

2週間の隔離

規制中の帰国

今でこそ日本でも入国規制の大部分が緩和されましたが、当時はパンデミック(世界的大流行)の真っ只中。帰国に際しては、陰性証明やさまざまな書類・誓約書等の記入が必要で、日本の空港での再検査で陰性と診断されても一律で2週間の隔離が必要でした。

筆者はブリティッシュ・エアウェイズ(BA)便で羽田空港に到着後、政府指定ホテルで3日間の隔離+都内ホテルで11日間の自主隔離生活。都内ホテルに移動してからは、散歩や買い物などは軽い外出は認められていましたが、ほぼ缶詰め状態の2週間でした。こんな経験は長い人生でもたった一度きりでしょう。

2021年1月当時の羽田空港は、ほとんどの便が欠航していた:筆者撮影

(2021年1月当時の羽田空港は、ほとんどの便が欠航していた:筆者撮影)

※一時帰国に関する詳しいレポート記事はこちら

規則正しい生活

みなさん、突然2週間まるまる休みが出たとしたら、どんな生活をしますか?普通だったら旅行に出かけたり、実家でのんびりと過ごしたり。そんな感じですよね。ただ、当時の状況では当然それが禁止されている上、そもそもビジネスホテルの1室から外に出ることすら許されていません。太陽の光もろくに浴びることができない訳ですが、そんな状況だからこそ、筆者はとにかく「規則正しい生活」を心がけました。

具体的には、起床・就寝と食事の時間の統一、英語学習や記事執筆、読書等の時間をしっかりスケジュール管理すること。などです。当時は締切のある仕事をしていた訳ではないので、ダラダラ過ごして寝たい時に寝て起きたい時に起きる生活でも良かったんですが、自分はバケーションで日本に帰ってきたのではありません。

語学留学の延長線上で仕方なく一時帰国をしただけです。自分の立場や置かれた状況を整理し、しっかりと目的設定(筆者の場合、約3カ月半のロンドン生活で感じた英語面での課題解決)をした上で、それに沿ってある程度自分に甘えることなくこの2週間を過ごすことができました。

日本での生活

実感する日本の素晴らしさ

そうこうしているうちに隔離期間を無事終了し、実家に帰宅。束の間の休息を味わうとともに、日本での生活がリスタートです。ここで改めて感じたのが、日本の素晴らしさ。物価は安い、飯は美味い、どこでもトイレがあってしかも清潔。この時点では、英国で過ごしたのはたった3カ月半でしたが、ある意味逆カルチャーショックを受けるくらい「やっぱり日本は素晴らしい国なんだな」と感じさせられました。これは海外生活を経験したことのある方なら必ず感じる部分でしょう。日本にお住まいの皆さん、その幸せをどうか噛み締めてください。(笑)

メリハリのある生活

とはいえ、何度も言いますが筆者は遊びに帰ってきた訳ではありません。隔離期間の生活と同じように、自分の中でのスケジュール管理を意識しながら生活しました。幸い、日本ではコロナがある程度落ち着いていた時期でもあったので感染対策に気をつかいながら友人に会ったり、少し仕事をしたり。日本でしかできないこと+英語学習(オンライン英会話や基礎の振り返りなど)を行い、難しい状況の中でも充実した時間を過ごしつつ、英国の状況を確認しながら再渡英のタイミングを伺っていました。

ロンドンに戻る決断

はっとさせられた友人の何気ない言葉

一時帰国中、大学時代の友人と話していてはっとさせられたことがありました。「そういえば○○(筆者)、なんでイギリス行ったんだっけ?」「この3カ月半で英語話せるようになった?」。相手からすると単純な疑問でしょうが、私にとっては痛いところを突かれるというか、少し肩身が狭くなる思いをするというか。

まだ何も成し遂げていない一時帰国でそういう思いをしたことで、改めて自分が留学前に目標としていたことや、何の為に留学に行っているんだ。という部分を再確認できた気がします。これは、私にとってこの一時帰国で最も意味のあることでした。なんとなくイギリスでの生活に慣れて、普通に暮らしていると忘れてしまいそうなことを思い出すことができたんです。

コロナが落ち付き再びロンドンに出発

ロックダウンによる厳しい規制の甲斐もあり、英国およびロンドンでは2月ごろから感染者・死者数が減少し、学校などから社会をスタートさせようと動き出しました。しばらく日本で生活をしていた筆者も、現地での仕事や語学学校の再開にある程度の目処が付いた3月中旬、ロンドンに戻ることを決意。二度目の正直となりますが、今度こそはコロナに影響されない海外生活を夢見て、そして英語力の向上を目標に、羽田空港からガラガラのスーツケースとともに飛行機に乗り込みます。これが、21年3月17日のお話し。

最後に

さて、価値ある一時帰国を経て、舞台は再びロンドンに。ここから仕事、学校、英語力、これまでと比べ物にならない充実した日々が始まります。それらについてはまた次回、お会いしましょう。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
イギリス留学
最新情報を受け取ろう!
  • YMSの最新申請状況をアップデート
  • イギリス留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる