サマースクールとは|海外と国内の違い|費用・人気国・対象年齢など
更新日:

サマースクールとは|海外と国内の違い|費用・人気国・対象年齢など

サマースクールの基本情報をまとめています。サマーキャンプとの違いや国内との比較、参加することのメリット、対象年齢や滞在方法、プログラム内容、人気の国々、費用や手続き、ビザや保険についての注意点などを解説しています。実際に参加した子どもたちの体験談も紹介しています。「いつか子どもを留学に」そんな家族にとって、サマースクールははじめの一歩かもしれません。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
サマースクール
最新情報を受け取ろう!
  • スタッフ帯同プログラムのご案内
  • サマースクールお役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

まだ間に合う!添乗付きプログラム

2024年夏、「新しい時代の留学」スタッフが帯同するプログラムのご案内です。出発から帰国まで、日本人スタッフが帯同いたします。

2024年帯同プログラムイギリスバナー

  • このプログラムの見どころ!

  • 安心の日本人スタッフ帯同!

  • イギリスの大学に住み込み!

  • ハリー・ポッタースタジオツアーも!

開催地

イギリス オックスフォード

対象年齢

12歳〜17歳

期間

17日間 / 7月27日(土)〜 8月12日(月)

集合 / 解散場所

成田空港 / 羽田空港

プログラム費用

約50万円 + 航空券

申込期限

お問い合わせください(空席有)

プログラムの資料や説明会をご希望の方はLINE、またはお問い合わせからご連絡ください。

サマースクールLINEバナー

サマースクールとは

夏が近づくとサマースクールを検討する保護者様も多いかと思います。サマースクールとは、夏休みに英語学習、スポーツやアクティビティ、自然体験を提供するプログラム。日本国内から海外まで非常にたくさんのプログラムが存在します。

サマースクールの目的は、言語学習だけでなく社会性やコミュニケーション能力の向上、新しい興味や関心の発見など様々な側面で子どもたちの成長を促すことです。

サマースクールは対象年齢、滞在方法、プログラム内容が多岐にわたります。情報を整理するためにも是非一度この記事をご覧ください。

サマースクールとサマーキャンプに違いはある?

サマースクールとサマーキャンプの違いは、サマースクールは主に学習を目的としており、サマーキャンプはより特定のテーマに触れたり、自然体験が中心です。国や地域、学校によってサマーコースやサマープログラムと言われたりすることもあります。いずれにせよ、呼び方や名称よりも内容を理解することが重要です。

国内サマースクールと海外サマースクールの違い

日本国内のサマースクールは塾や学校、民間団体が主催しています。数日から1週間程度が多く、参加者は主に日本に住んでいる学生をターゲットにしています。良い点は、費用面や安全性、親子で時差がないことが挙げられます。海外サマースクールの肩慣らしとしても最適です。

一方、海外のサマースクールは基本的に最低1週間からの受け入れです。ほどんどの生徒が2週間〜で参加し、参加生徒は世界が対象です。その国や学校のルールに従い、多国籍の生徒と共同生活をすることは日本では体験できない経験です。将来の中長期留学に向けた準備としても良いでしょう。

開催期間と申込時期のタイミング

開催時期は国内・海外問わず、早くて6月上旬〜中旬から8月上旬〜下旬です。ヨーロッパの学生は6月から夏休みなので6月末〜7月中旬が人気期間、アジアや南米は7月中旬・下旬から夏休みなので7月下旬〜8月上旬が人気期間です。覚えておくと国籍比率などを検討するときに役立ちます。

申し込み時期は年明け1月〜3月であればどのコースでも空きがあります。4月5月になれば学校やコースの空きに制限があります。

サマースクールで得られるもの

サマースクールのメリットはたくさんあります。参加する年齢によっても、得られるものは異なります。

英語・学習面

サマースクールでは英語力の向上も期待できます。短期間で飛躍的な伸びは難しいですが、英語に対するモチベーションや自信につながります。普段の学校では扱わないような興味深いトピックや実践的なスキルを学ぶことができます。英語が苦手な子どもでも、興味や関心のある分野と一緒に触れることで、英語の楽しさや重要性に気付くでしょう。

社会性と多様性

サマースクールはたくさんの出会いと別れがあります。短期間でもスクールで出会った友達と生活を共にすることで学習面以外の成長も期待できます。海外サマースクールでは、違う国の人とどうコミュニケーションをとるのか、自分と生まれ育った環境がどう違うのかを肌で感じることができます。

世界・日本を知る

海外サマースクールの場合、世界の広さ、日本の良さを再確認できます。些細なことでも日本との違いには驚かされるはずです。生活の違い、文化の違い、ご飯の美味しさ、家族のありがたみなど。一度日本を出てみないと感じられないことを実感します。

サマースクールで得られるものについては下記ページをご確認ください。

対象年齢について

海外サマースクールの生徒の様子

Family(親子留学)5歳〜

親子留学であれば、5歳から参加できます。保護者様は旅行、お子様は学校というスタイルで申込みされる方がほとんどです。ご希望であれば、保護者様もお子様同様、英語クラスを受講することができます。

Kids(小学生)8〜12歳

8歳になれば、海外サマースクールにお子様単身で参加できます。一人での渡航が不安かもしれませんが、現地送迎オプションや帯同プログラムなどを利用すると良いでしょう。

Junior(中学生・高校生)13〜17歳

13歳以上のティーンネイジャーになれば、参加できるサマースクールもたくさんあります。年齢で参加を制限されることはなくなりますが、プログラムによっては英語レベルを設けているところもあります。

国内の対象年齢

国内も海外同様、5歳から受け付けているサマースクールもあります。都内やリゾートエリア、海や山などの自然環境が整っているところで開催されます。朝から夕方までの通学スタイルやキャンプなどが主流です。

サマースクールLINEバナー

サマースクールではどこに泊まる?

サマースクールの滞在方法は参加するお子様によって選択できる宿泊方法が異なります。

ホームステイ

サマースクールでは、ホームステイをする場合は注意が必要です。昨今では、ホストによる被害も珍しくありません。アタリ・ハズレと言われたりしますが、申込み時点や手配完了時点で良し悪しはわかりません。国や地域によって異なりますが、14歳以上がおすすめです。

レジデンス

もっとも人気の滞在スタイルです。ホームステイよりも費用が上がりますが、安全性と食事のクオリティーが保証されています。キャンパスからレジデンス(学生寮)まで徒歩圏内が多く費用もかかりません。

ボーディング

ボーディングは教室、グランド、プール、調理室、レジデンス(学生寮)のすべてが広大なキャンパス内にまとまっています。遠足時を除くと、ボーディングスクール内からでる機会がありません。施設、設備として申し分ありません。

サマースクール、夏休み留学の滞在方法については下記ページをご確認ください。

英語レベルやプログラム内容について

英語レベルやプログラム内容は学校によって異なります。英語初級者でも申し込めるサマーコース、中上級者向けの専門コース、有名校のプログラム、スポーツコースなど多岐にわたります。

英語レッスン

基本的に4技能を伸ばす内容です。先生と生徒がしっかりコミュニケーションをとって進められ、グループワークやディスカッションなどインタラクティブな授業が展開されます。最終週にはプレゼンテーションがあり、生徒同士での協力が必要不可欠です。

アカデミックコース

STEM(科学・技術・工学・数学)、アントレプレナー、グローバルリーダー、その他のアカデミックコースではより専門的なクラスになるので一定の英語レベルが入学条件です。最低でもB1〜B2 レベルが必要で、有名校や有名コースではネイティブや帰国子女も参加します。

スポーツとアクティビティ

座学だけでは飽きてしまいます。子どもたちの集中力も続きません。スポーツやアクティビティでは、色んな角度から英語に触れるプログラムが用意されています。

スポーツとアクティビティはキャンパスの内外どちらでも行われます。施設の設備によってスポーツやアクティビティ内容も少しずつ異なります。

エクスカーション(遠足)

学校やコース、申込み期間によって遠足の回数などは異なるものの、基本的に1日遠足や半日遠足が予定されています。現地でできたお友達と観光やショッピングを楽しむ貴重な時間です。

サマースクール参加に必要な英語レベル、詳しいプログラム内容やスケジュールは下記ページにてご確認いただけます。

海外サマースクールの国選びについて

国や都市の選び方

サマーコース・プログラムの選び方は様々です。

  • サマースクールの選び方

  • お子様の意思を優先する

  • 保護者様が留学をしたことのある国

  • 保護者様が旅行にいくからそのついでに

  • 専門的な科目を学びにいく

  • スポーツやアートの本場へ

  • 治安や安全性を考慮

  • 円安を配慮した費用面

  • 名門校へのチャレンジ

  • 将来的な中長期の留学への肩慣らし

国や都市選定の相談も無料ですのでお気軽にLINEお問い合わせよりご連絡ください。

サマースクール早見表

国と簡単な説明

🇯🇵 日本
費用面や安全性を考慮してまずは国内から。海外サマースクール挑戦への肩慣らし!

🇬🇧 イギリス
親子留学であれば5歳から手配可能。サマースクールが最も盛んなイギリス。高い教育水準と豊富なコース。

🇨🇦 カナダ
説明不要の人気国カナダ。アジア系も多く初めての留学におすすめ。現地大学生との交流や長期留学の肩慣らしにも!

🇮🇪 アイルランド
ホームステイを希望するならアイルランド!高い教育水準と日本人が少ない環境でしっかりとした英語学習を求める方に。

🇪🇸 スペイン
スペイン語、英語どちらも手配可能。ビジネスコースやサッカーなどの専門コースもご案内しています。

🇲🇹 マルタ
地中海に広がるキレイな海と治安が良いマルタ。物価も安くヨーロッパでは比較的リーズナブルな価格帯。

🇺🇸 アメリカ本土
少し治安が心配なアメリカですが、変わらず大人気です。様々な分野や科目専門コースがあります。

🇺🇸 ハワイ
お子様は学校、保護者様はバカンスと家族旅行と留学をセットに!治安も良く安心安全で人気です。

🇫🇷 フランス
フランス語、英語どちらも手配可能。アメリカ人などのネイティブもたくさん参加します!フランスに興味がある方へ。

🇵🇭 フィリピン
日本・韓国を中心にアジアで人気のフィリピン。航空券も安く、費用を抑えたい方におすすめ。

🇩🇪 ドイツ
ドイツ語、英語どちらも手配可能。こちらもフランス同様、アメリカ人などのネイティブも参加します。ドイツが好きな人は是非!

🇨🇭 スイス
ボーディングスクールといえば、スイス。海や山、自然豊かな環境でひと夏を過ごす方へ。

🇦🇺 オーストラリア
南半球のオーストラリアは季節が逆です。7、8月よりも冬休みや春休みのスクール/コースがおすすめです。

人気国や国選びは下記ページで詳しい解説しています。

プログラム費用

海外サマースクール費用

結論として、料金を一概に案内することはできません。国や都市、コースや滞在方法、期間など、様々な要素で料金が確定することが理由です。しかし、費用項目や予算感などはご案内可能です。

下記の例は2週間プログラムに参加した場合です。日本だけに限らず、2週間が一番ポピュラーな参加期間になります。

項目

料金

コース費用(2週間)

約 25万 〜100万円

渡航費

約 30万 〜 50万円

海外保険

約 1万 〜 4万円

その他諸経費

約 3万 〜 10万円

合計

約 70万 〜 170万円

費用に含まれているもの

海外サマースクールのコース費用に含まれているものは下記のとおりです。

  • 費用に含まれるもの

  • 授業料、教材費

  • 宿泊費

  • アクティビティ

  • 遠足費

  • 食事(1日3食)

  • 移動にかかる交通費

  • 学校保険

  • 1日24時間の生徒へのサポート

こちらはレジデンス(学生寮)の場合です。ホームステイの場合、キャンパスまでの交通費がかかります。お土産やちょっとしたお菓子やジュースを買うこと以外、現地でお金が必要になる場面は少ないです。


費用に含まれていないもの

サマースクールの料金に含まれないものは下記のとおりです。

  • 費用に含まれないもの

  • 往復航空券

  • 海外旅行保険

  • 海外SIMカード

  • お小遣い

  • 空港送迎費

別途、航空券の購入が必要です。海外旅行保険や海外SIMカードはお好みのものを選んでください。どちらも加入・購入することをオススメいたします。空港送迎はコース費用に含まれていることもあります。

詳しい費用については下記ページにて解説しています。

サマースクールLINEバナー

サマースクール体験談

サマースクールに参加された家族の体験談はこちらでご確認いただけます。

新しい時代の留学のスタッフは、毎年子どもたちと海外のサマースクールに参加します。10代の大事な時期で世界に触れる子どもたちを間近にすると、言葉では言い表せられない感動を目の当たりにします。たった数週間の期間ですが、どこで生まれて、どの言語を使うのかなんて関係がないんだと感じさせられます。子どもたちはそれ以上に身をもって体感しているはずです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

参加の手続きと注意点

学校が決まれば、申し込み手続きです。申込手続き、各種必要書類、準備時の注意点についてご確認ください。

パスポート・ビザ取得

申込時、パスポートは必須ではありませんが早めの取得をおすすめします。パスポートがないと学校は入国時に必要なレターを発行できません。親子・ジュニア留学でビザ申請が必要になることは基本的にありませんが、ビザについては各国の最新情報を収集してください。

ビザ取得が必要ない場合でも、入国時の学校からのレターは必要です。しっかりと確認しましょう。

航空券の手配

何時に到着 / 出発する便が理想なのかエージェントか学校に確認して早めに購入してください。学校は空港からキャンパスまでの送迎を行ってくれます。夏は空港送迎の手配も混雑します。また、小中学生や女の子1人での渡航に関して UM サービス を利用される場合は、担当者連絡なども必要になります。

エージェントが航空券を手配する場合、手荷物サイズや機内持ち込み、乗り継ぎの有無などを確認しましょう。

各種レターと入国書類の確認

各種レターというのは学校によって異なりますが、ジュニア・親子留学は事前に同意書を提出する必要があります。申込書、保護者同意書、アレルギー、LD / SLD などの学習障害、健康に関することなどを記入・提出します。入国審査に必要なレターは国によって異なりますので、最新情報を確認しながら進めてください。

海外サマースクール説明会

各学校のサマースクールのお問い合わせは、「新しい時代の留学」の公式LINE、またはオンラインで個別に対応しています。ご希望の方はお問い合わせページ、または公式LINEからお問い合わせください。

オンライン面談は、平日10:00〜20:00(最終受付19:30)。土日、祝日10:00〜18:00(最終受付17:30)で対応させていただいております。所要時間は30分 〜 1時間程度を予定しております。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
サマースクール
最新情報を受け取ろう!
  • スタッフ帯同プログラムのご案内
  • サマースクールお役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

この記事を書いた人

子ども世代の留学からサポート|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学
編集部

「新しい時代の留学」は、デジタル留学エージェンシーです。各国の最新情報を配信しています。LINEに友だち追加して頂くと、最新の留学情報をお届けします!