#25 現在完了形|経験の用法「したことがある」|中学英語の文法
更新日:

#25 現在完了形|経験の用法「したことがある」|中学英語の文法

中学英語の文法は英語の基礎です。中学校で学ぶ文法、単語を使いこなせば、英語の日常会話は十分です。オンライン留学を受講中の方、これから留学に行く方、英語の勉強を今からする方へ。これから中学校で習った英語文法を一緒に復習していきましょう!今回は「現在完了形|経験の用法」を学習していきます。

現在完了形|経験の用法

「〜したことがある」の文

経験の用法は「〜したことがある。」という意味で、今までのいろんな経験の有無や回数などを表します。

I have played Pokemon.
「ポケモンをしたことがある。」

「〜に行ったことがある」は<have been + to + 場所>で言うことができます。

I have been to Okinawa.
「沖縄に行ったことがある。」

現在形、過去形、現在完了形(経験)の違い

  1. ポイント

  2. 現在形 do

  3. 習慣や現在の状態を表す。ただし、今まさにしていることは現在進行形を使う!

  4. 過去形 did

  5. 「いつ起こったか」が具体的にわかる出来事を話す時に使う。

  6. 現在完了形 done

  7. 今までにしたこと・経験したことを表す文。

現在形 do

現在形の文は主に習慣を表します。

I go to Okinawa every year.
「毎年沖縄に行きます。」

状態動詞を使って、現在の状態を表すこともできますね。

I love Okinawa.
「沖縄が大好きです。」

過去形 did

過去形の文は、「いつ起こったか」が具体的にわかる出来事を話す時に使います。

I went to Okinawa last year.
「去年沖縄に行きました。」

過去形を使う場合は、「いつしたか」が伝わっていることを意識しましょう。

現在完了形(経験) done

現在完了形(経験)は、今までにしたこと・経験したことを表す文です。

I have been to Okinawa twice.
「沖縄に2回行ったことがあります。」

この文では「いつ起こったか」はわかりませんが、今までにしたことを表す文章ですね。once「1回」やtwice「2回」など回数を表す単語がよく一緒に使われます。

以下の図で、過去形との違いをイメージできます。

現在完了形と過去形の違い

現在完了形(経験)の否定文

haveのあとにnotを置く

「〜したことがない」と否定文にするには、haveのあとにnotをつけます。don’tやdoesn’tなどは必要ありません。

I have not been to Okinawa.
「沖縄に行ったことがない。」

never「一度も〜ない」

「一度もしたことがない」と強調する文をneverを使って表すことができます。notの代わりにneverを使います。

I have never been to Okinawa.
「沖縄に一度も行ったことがない。」

現在完了形(経験)の疑問文

Have(Has)を主語の前に持ってくる。

現在完了形(経験)の疑問文もHave(Has)で文を始めます。前回の現在完了形(継続)と同じです。Do ~ ? やDoes ~ ?になりません。

「(今までに)〜したことはありますか?」と経験をたずねる場合は、Have youのあとにeverが使われます。

ever「今までに」

「今までに」という意味です。before「以前に」が使われることもあります。

Have you ever met Sakura?
今までにさくらに会ったことはありますか?」

主語が3人称単数であればHas she/he/It ~ ?の形になります。

Has he met Sakura before?
「彼は以前、さくらにあったことはありますか?」

答え方

答える時もhave(has)を使って答えましょう。

Q : Have you ever met Sakura?
A : Yes, I have. / No, I haven’t.

Q : Has he met Sakura before?
A : Yes, he has. / No he hasn’t.

現在完了形(経験)の場合、noの代わりにneverを使って答えることもできます。

Q : Have you ever met Sakura?
A : No, I have never.

「さくらに会ったことある?」
「ううん、ないよ。」

回数をたずねる疑問文

「何回〜したことがありますか?」とたずねる場合はHow many timesを文頭に置きます。

How many times have you read "The Little Prince"?
「星の王子様を何回読んだ?」

How many times has she been to Kyoto?
「彼女は京都に何回行ったことがあるの?」

答え方

具体的な頻度を答える場合は、once(1回)twice(2回)three times(3回)などを使って答えます。

Q : How many times have you read "The Little Prince"?
A : I've read it once.
「一度だけ読んだよ。」

How many times has she been to Kyoto?
A : She’s been there three times.
「3回行ったことあります。」

もちろんonce, three times, neverだけでシンプルに答えても大丈夫です!

まとめ

現在完了形(継続)に引き続き、今回は(経験)を紹介しました。残す現在完了形は(完了・結果)になります。現在完了は少し難しいかもしれませんが、文法表現だけでなく会話においても重要です!

「〜をしたことがある。」「〜に行ったことがある。」「(今までに)〜したことはありますか?」と言いたいときは今回学習した経験の用法を使いましょう。この用法でよく使われる語句をまとめておきます。

  1. 経験で使われる語句

  2. ever → 今までに

  3. never → 決して〜ない

  4. before → 以前に

  5. sometimes → 時々

  6. often → よく

  7. 回数で使われる語句

  8. How many times → 何回〜

  9. once → 1回

  10. twice → 2回

  11.  ~ times → 〜回