#07 I don't knowばっかり使ってない? | 別の言い方
更新日:

#07 I don't knowばっかり使ってない? | 別の言い方

簡単で今日からすぐ使える英会話フレーズを紹介する「今日からネイティブ英語」。ライターはToyaさんは、大学卒業後、オーストラリアでサッカー選手として活躍。 帰国後、InstagramやYoutube、TikTokを通して英語学習コンテンツの発信をスタート。 現在では、総SNSフォロワー数28万人越え。 また、英語学習を習慣化するためのオンラインサロンLEARNING ZOOを立ち上げ、自然と学習へのモチベーションが高まるようなコンテンツを発信・定期的なイベントなども企画しています。

I don't knowの意味・使い方しっかり理解してますか?

こんにちは、ライターのとーやです。みなさんは、相手の言っていることが分からない時、英語でなんて言いますか?

  • I don't know.

  • 「わかりません。」

簡単ですね。しかし、みなさんはI don't knowのあとに「何がわからないか」を伝えられていますか?いつもI don't knowばっかり使っていませんか?

今回は相手にしっかりと何がわからないかを伝えられるように、I don't knowの使い方を詳しく、他の言い方も一緒にご紹介します。

おっと、その前に!分からない時はI don't know.としっかり答えましょう。

I don't knowの意味

I don't knowは私たちにとっても馴染みのあるフレーズなだけに安易に使ってしまいがちです。場合によっては失礼な表現になる可能性があります。

例えば、外で道を尋ねられた時。相手に聞かれた場所が分からなくて、「わかりません」というニュアンスで、I don’t know.と言ってしまったとします。

相手の受け取り方は「知らんわ」というように少し不愉快に受け取られてしまうかもしれません。自分は決してそういった意味で使ってないにも関わらず、印象が悪くなるのはもったいないですよね。

I don’t knowは親しい間柄の友人や家族に対してなら、問題ない表現です。しかし、初対面や目上の人に対して、I don't knowと返事をするのは、失礼にあたる場合があるので避けた方が良いですね。

今日から使えるI don't knowの文まとめ

I don't know what to do.|何をすればいいのか分からない。

  • I wanna help with your homework, but I don't know what to do.

  • 「あなたの課題を手伝いたいけど、何をすればいいのか分からない。」

I don't know what to do.はこういった「何をすればいいのか分からない時」に使うことができます。

I don't know what ~で、「何を〜か分からない」という意味になります。what以下の内容を変えて、様々な表現を作ることが可能です。下記で詳しく解説しますね。

I don't know what to say.|何と言えばいいのか分からない。

  • I don't know what to say because it's complicated.

  • 「複雑なので、なんて言えばいいか分からない」

*complicated 複雑な

先ほどのフレーズのと同様に、「何と言えばいいのか分からない」とも表現することができます。大事なことは、whatのあとはto + 動詞の原型 になること。このポイントをしっかりと理解しておけば、実際の会話でも幅広く応用させることができます。

what to doで「何をするか」という意味です。疑問詞 + to不定詞の形ですね。

I don't know what you mean.|どういう意味かよく分からない。

  • Sorry, what did you say? I don't know what you mean.

  • 「ごめん、なんて言ったの?どういう意味かよく分からない。」

上の2つとは少し違った使い方になります。意味は「(君が言ってることが)どういう意味か分からない」です。

I don't know what you mean.はwhatの後ろがS(主語) + V(動詞) になっています。

what to do、what to sayは疑問詞 + to不定詞の用法で、ここでのwhat you meanは間接疑問文の用法です。以下の記事でくわしく学ぶことができます。

I don't know what you said.|何を言ったのか分からない

  • I don't know what you said to my dad, but thank you. I made up with my dad.

  • 「あなたが父に何を言ったのか分からないけど、ありがとう。父と仲直りしたよ。」

*make up 仲直りする

同じく、what + SV となる表現です。what you saidの部分で、「あなたが何を言ったのか」を意味します。SVの主語(S)を置き換えたり、動詞(V)を違うものにしたりすることで状況に応じて使い分けることができるので、とても便利な表現ですね。是非覚えて、日常生活で使っていきましょう!

I don't know why + 文の意味

  • I don't know why I have to do my homework.

  • 「なぜ宿題をしないといけないのか分からない。」

  • I don't know why you are here.

  • 「なぜ君がここにいるのか分からない。」

I don't know why ~で「なぜ〜なのか分からない」という意味になります。why以下の文は、これまでのwhatを使った表現と同じ使い方ができます。

これも間接疑問文の用法がつかわれています。

I don't know how + 文の意味

  • I don't know how I use this device.

  • 「どのようにこの機械を使えばいいのか分からない。」

  • I don't know how he will respond.

  • 「彼がどのように返事するのか分からない。」

I don't know how ~で「どのように〜するのか分からない」という表現になります。どうやってすればいいのか分からない時や、相手がどのようにするのか分からない時などに使えるフレーズですね。

I don't know that + 文 の使い方

  • I don’t know that he went to Australia.

  • 「彼がオーストラリアへ行ったことを知らない。」

I don’t know that ~も上記とさほど違いはありません。thatを関係代名詞とし、その後ろに新しい文章を付け加えることができます。

上記のように、「◯◯を知らない」の「◯◯」が長い文章になる場合に、thatを使うことで1つの文のかたまりとしてまとめることができます。

I don’t know の別の言い方

これでI don’t knowの意味を理解し、正しく使えるようになりましたね。しかし、覚えたからといって会話の中で1つの表現を何度も使い続けていては、相手との良いコミュニケーションは取れません。

実際に英語圏の国々では、どのような表現が使われているのでしょうか?最後は、ネイティブがよく使うI don’t know以外のフレーズを見ていきましょう。

ネイティブが使う表現3選

I’m not sure.|丁寧な言い方

  • I'm not sure.

  • 「ちょっと分からないです。」

I’m not sure.は、「ちょっと分からないです。」や「どうだったか定かではないです。」といった表現です。少し曖昧で、確信度が低いニュアンスになります。

丁寧な言い方になるので、たとえ聞かれたことに対して分からなくても、相手に嫌な印象を与えません。

I have no idea.|カジュアルな言い方

  • I have no idea.

  • 「全く分からないね。」

相手に聞かれたことが本当に分からなかったり、まったく見当もつかない時に使える表現です。親しい間柄の人に対して使われることが多いです。海外ドラマや映画でも頻繁に使われているカジュアルなフレーズになります。

もっとネイティブっぽく言いたい時は、こう言いましょう!

  • I have no clue.

  • 「まったく分からないね。」

*clue 手がかり、糸口

Beats me.|ラフな言い方

  • Beats me.

  • 「わからんな〜」

beatは「〜を負かす」という意味の動詞です。では、なぜこのような意味の単語を使って「分からない」を表現できるのか。たとえば、相手から聞かれたこと(質問)を「敵」だと思ってみてください。この「敵(質問)」に対して、自分は「負けた(分からない)」と考えてみると、Beats meで「分からない」を表現できますね。

少し面白おかしく使えて、場の雰囲気を和らげることができるフレーズです。とても英語らしい言い方なので、私は個人的に好きです。笑

I don’t knowを正しく使おう‼︎

みなさんいかがでしたか?今回は、「I don’t knowの使い方・別の言い方」についてご紹介しました。

聞き馴染みのある表現を間違ったニュアンスで使っていませんか?受け手となる相手にとって、失礼のない言い方ができていますか?

その文の本質をしっかりと理解することで、相手とのミスコミュニケーションを避けることができます。英語はとても奥が深い言語です。状況に応じて正しく使えるように、これからも一緒に英語学習を楽しんでいきましょう!