クラスメイトとランチに行く時に使えるフレーズ | Sakuraの英語留学
更新日:

クラスメイトとランチに行く時に使えるフレーズ | Sakuraの英語留学

こんにちは、ライターのTOYAです。前回の第3話では、主人公SakuraのBlossom English School入学初日。今まではスムーズに英語でコミュニケーションを取れていた彼女ですが、英語でクラスに付いていくのが少し大変そうでした。

そんな「Sakuraの英語留学」第4話では語学学校で初めてできた友人Carolと一緒にランチへ行く場面からスタートします。果たしてSakuraは英語でうまく友達との関係を築けるのでしょうか?

みなさんもより実践的な場面をイメージしながら、Sakuraと一緒に英語留学をしていきましょう!まだ1話を読んでいない方は、ぜひSakuraのストーリーを最初から見てください!

クラスメイトとランチに行く時に使えるフレーズ

学校初日の授業を終えたSakura。同じクラスのCarolがSakuraをランチに誘いました。2人は教室を出たところです。

レストランに向かう

Do you like Pizza?

Yes, I do! 

I know a good pizza restaurant. Let’s go there!

Okay! It sounds nice!

It sounds good!は「いいね!」という意味で、相手の提案や意見に対して肯定的な返答をしたいときに使える便利なフレーズです。この表現の他にも、

  • It sounds like a plan.

  • いい提案だね。

「それ面白そうだね」というニュアンスでよく使われるフレーズです。1つの言い方だけでなく、いろいろなバリエーションを持っていれば相手とのコミュニケーションもより良いものとなっていきます。

どうやら、Carolは良いピザ屋さんを知っているようです。ピザが好きなSakuraも喜んで、2人はピザ屋さんに向かいます。

好きな食べ物を聞く

What’s your favorite food?

I really like Italian food. How about you?

I love Italian food too. I love pizza the best.

That’s nice!!

何か1番好きなものやお気に入りのものを指すときは、favoriteを使います。

  • What’s your favorite food?

  • 「あなたの好きな食べ物は何?」

foodの箇所をthing「もの」やmovie「映画」など様々なものに変えることができるので、とても便利な表現ですね。

  • I love Italian food too. I love pizza the best.

  • 「私もイタリアンが好きです。ピザが1番好きです。」

とSakuraは言っています。しかし、この文には「接続詞」が入っていないため、最初の文と2つ目の文が途切れています。もう少し、自然な会話文にしてみましょう。例えば、especiallyを使ってみてはどうでしょうか。「特に」という意味をもつ especiallyを使うことで、より自然な会話文へと変化します。

  • I love Italian food too, especially pizza the best.

  • 私もイタリアン好き!特にピザが一番好き!

なんて言うとより会話表現っぽくなります!

お互いの好きな食べ物がイタリアンと同じで意気投合した2人。レストランに入店しました。さて、Sakuraの目の前には美味しそうなメニューが並んでいます。

Carolのおすすめを注文する


Everything looks great. What are you gonna have, Carol?

Sakura, this is really delicious!! I always order this. You should give it a try!

Okay. I’ll try that!


What are you gonna have?は直訳すると「何を持つの?」です。このシーンでは以下のニュアンスで使われています。

  • What are you gonna have?

  • 「何を注文するの?」

gonnaはgoing toを省略した形で口語表現として多用されます。

  • give it a try

  • 「試してみる(挑戦してみる)」

「(とりあえず)試してみる」と言いたい時にはgive it a tryを使ってみましょう。口語的な表現でよく会話文で使われます。I’ll tryやlet’s tryも「試してみる」という意味で同様の使い方ができますが、give it a tryの方がより軽いニュアンスとして使うことができます。

Carolにおすすめのピザを教えてもらったSakura。ロンドンでの初めてのオーダーは友人のおすすめにしました。美味しそうなピザを受け取り、2人はテーブルに座りました。次は少し長めの会話を覗いてみましょう。

食事をしながらCarolについて聞く

This is so nice!! I love it.

See? I told you. I know other good restaurants because I’ve been here for a long time.

How long have you been in London?

Well, I’ve been here for three months. How about you, Sakura?

I just arrived yesterday. 

Wow, you are quite new here. You’ll get used to it!

Thanks, I hope so. Where are you from, by the way?

I’m from Spain.

”Hola!”

“Hola! muy bien” 

I don’t know how to answer that, haha.

Do you speak Spanish???

No no no. I studied how to say hello in other languages when I was in Japan. 

Oh, I got it. I was very surprised, haha. How do you say hello in Japanese?

“Konnichiwa”

“Konnichiwa” Is this correct??

Yes!! And “Arigato” if you want to say “thank you”.

“Arigato”

Good!!!

So… you've been in London for three months. What do you do when you have free time?

I mostly watch movies or dramas on Netflix, and also going shopping is so fun! How about you, Sakura?

I like watching movies!! Shall we go to the theater next holiday?

That's awesome! I can't wait for it!

長い会話ですが、ひとつひとつポイントを見ていきましょう。

  • See?

  • 「ほらね?」

一番はじめのSee?は「わかる?」という意味から「ほらね?」と確認できる便利なワンフレーズです。

  • You are quite new here.

  • 「ここに来てまだ間もないね」

quiteは「かなり」という意味でよく使われます。

  • You'll get used to it!

  • 「慣れてくるよ!」

get used to itは「慣れる」という表現で、この場合だとイギリスの留学生活にもそのうち慣れるよ!とキャロルが言っています。

mostlyは「たいてい」や「ほぼ」という意味を表します。usuallyも同じ意味合いとして使えるので、一緒に覚えておきましょう。

  • I can't wait for it!

  • 「待てないよ!」

何かが楽しみで待ち遠しかったり、とても楽しみな時はI can't wait for it.「(それを)待てないよ」というニュアンスで使うことができます。「待てない=とても楽しみ」というように意味が転んじています。英語らしい表現なので、ぜひ使ってみたいですね。

ちなみにholaはスペイン語で「やあ!」「こんにちは」です。

Carolおすすめのピザはとても美味しかったようです。

Sakuraは海外の友だちをつくるためにいろんな言語の「ハロー」を勉強していました。SakuraがHola!と言った瞬間、Carolは笑顔になりました。きっと、母国の言葉を知ってくれていたのが、嬉しかったんでしょう。

少し長めの会話でしたが、理解できましたか?Carolってすごく気さくで親切ですよね!

またね・また明日!!

I'm already full. It was so much fun!! Thank you.

Good to hear that. We can go to another restaurant next time.

Of course! See you later.

See you Sakura.

みなさんは別れ際に「またね」と言う時、英語で何と言いますか?

  • See you later.

  • 「またすぐにね。」

文中にも出てきたSee you later.は代表的なフレーズです。その他にも、See you soon.「またすぐにね」やSee you again.「また今度ね」という英語フレーズもあります。カッコよく「またね」と英語で言えるように練習しておきましょう。

美味しいピザとSakuraのスペイン語で2人の距離は一気に縮まりました。無事に学校初日を終えたSakura。まだまだロンドンに来たばかりなので、少し学校の周辺を散策した後、家に帰りました。これからのことを考えると、ワクワクが止まらない帰り道でした。

学校初日終了!次回は「ホストファミリーとの会話」

いかがでしたか?今回は「第4話 クラスメイトとランチへ」でCarolとのよりリアルな日常会話から実践的な英語表現を学びました。相手との良い人間関係を築くためには、自分の伝えたいことをしっかり伝えられるかかがすごく大切です。そのためにも、まずは実際の場面を想像しながら「生きた英語」を一緒に学んでいきましょう!

そして次回は「第5話 ホストファミリーに日本のことを説明」です。Sakuraは日本ついて、食文化などを詳しく説明することができるのでしょうか。これからも一緒にSakuraの英語留学を応援していきましょう!

クラスメイトとランチに行く時に使える単語・表現まとめ

  1. クラスメイトとランチに行く時に使える単語・表現

  2. It sounds like a plan.|「それいいね」

  3. favorite|お気に入りの

  4. especially|特に

  5. gonna|going toの省略形

  6. give it try|試してみる

  7. See? |ほらね?

  8. quite|かなり

  9. get used to it|慣れる

  10. hola|やあ・こんにちは

  11. mostly|たいてい、ほとんど

  12. I can't wait for it|「(楽しみすぎて)待てないよ」

  13. See you later.|「また後でね」

  14. See you again.|「また今度ね」

  15. See you soon. |「またすぐにね」