#20 「すばらしい」って英語で? | ネイティブフレーズ
更新日:

#20 「すばらしい」って英語で? | ネイティブフレーズ

otherとanotherは、日本語ではどちらも「他の」や「別の」という意味を持つので使い分けるのが難しい英語表現です。さらに、othersやthe otherというように、複数形になったり、冠詞「the」がつくこともあります。今回はイラストを使ってわかりやすく解説していきます。この記事を読んで、これらの英語表現を正しく使い分けれるようにしましょう!

「すばらしい」って英語で使い分けてますか?

こんにちは、ライターのとーやです。日常生活の中で何かに感動したり、すごく感銘を受けた時。みなさんは、英語でその感情をどう表現しますか?

  • Great!

  • すばらしい!

英語にはgoodやgreatといった表現以外にも「すばらしい」の表現は複数存在します。

今回は、そんな「すばらしい」のネイティブフレーズをご紹介します。誰だって褒められると嬉しいですよね。褒められている相手はもちろん、褒めているあなた自身も気持ちがいいものです。英語でたくさん褒められる人になりましょう!

ネイティブフレーズ8選

  1. ネイティブフレーズ8選

  2. This is amazing.|最上級の褒め言葉「これは素晴らしい。」

  3. Wow, it's a magnificent view.|「うわぁー、素晴らしい景色だね。」

  4. You are such a great person. |「君は素晴らしい人だね。」

  5. Insane! |「すばらしい!」のスラング

  6. It was a wonderful encounter.|「それは素晴らしい出会いでした。」

  7. I hope you will have a beautiful life.|「あなたが素晴らしい人生を送れますように。」

  8. It's fantastic.|「それは素晴らしいです。」

  9. I spent phenomenal days.|「素晴らしい日々を過ごした。」

This is amazing.|最上級の褒め言葉「これは素晴らしい。」

  • This is amazing.

  • 「これは素晴らしい。」

amazingは「素晴らしい」や「驚くべき」という意味を持つ形容詞です。何か感動したものに対して「素晴らしい」というニュアンスで使えます。

また、本来はamaze「驚く」という動詞の意味から、amazingで「びっくりさせる」という意味合いもあることを覚えておきましょう。

Wow, it's a magnificent view.|「うわぁー、素晴らしい景色だね。」

  • Wow, it's a magnificent view.

  • 「うわぁー、素晴らしい景色だね。」

magnificentは「壮大な」や「見事な」という意味を持つ単語です。主に素晴らしい景色や場所に対して使うことが多いですが、amazingと同様に人やものに対しても使える表現です。

かっこよく使いこなせるようになりたいですね。

You are such a great person. |「君は素晴らしい人だね。」

  • You are such a great person.

  • 「君は素晴らしい人だね。」

greatは「良い」または「素晴らしい」という意味を持つ単語です。greatは、このように人に対してはもちろん、何かものに対しても使うことができる万能なフレーズです。greatは前回の記事でもご紹介しましたね。まだ読んでいない人は、是非チェックしてみて下さい。

such a 〇〇は、「まるで◯◯のようだ」というように◯◯を強調するニュアンスがあります。veryやsoと似たような意味合いで使うことができます。

  • Such a nice T-shirt!

  • 「なんて素敵なTシャツなんだ!」

Insane!|「すばらしい!」のスラング

  • Insane!

  • 「ヤバい!」

insaneは「正気ではない」や「狂った」という意味を持つ形容詞です。本来は、このようにネガティブな意味合いで使われますが、スラング表現で最高の褒め言葉として使われています。

スラング=若者言葉

英語圏の国々では、「最高にヤバい」や「超かっこいい」といったニュアンスで使われています。こちらはスラングになるので、目上の人に対してやフォーマルな場では使わないようにしましょう。

ちなみに、saneは「正気な、安定した」という意味の形容詞です。合わせて覚えておきましょう。

It was a wonderful encounter.|「それは素晴らしい出会いでした。」

  • It was a wonderful encounter.

  • 「それは素晴らしい出会いでした。」

こちらは少しポエムチックな表現になります。wonderfulは「素晴らしい」という意味を持つ形容詞です。人やものに対して使える万能なフレーズの1つです。

encounterは「〜に遭遇する」という意味を持ちます。自分が「予期せずに出会った」という意味合いが強いです。誰かとバッタリ出会った時や、偶然の再会があった時に是非使ってみてください。

I hope you will have a beautiful life.|「あなたが素晴らしい人生を送れますように。」

  • I hope you will have a beautiful life.

  • 「あなたが素晴らしい人生を送れますように。」

beautifulは聞き馴染みのある「美しい」という意味の英単語ですね。「美しさ」=「素晴らしさ」という表現でbeautifulは、人やものはもちろん、景色や料理などに対しても幅広く使えます。

I hopeで「〜を願っている」という意味を表します。是非とも大切な人へ使ってみたい英語フレーズです。

It's fantastic.|「それは素晴らしいです。」

  • It's fantastic.

  • 「それは素晴らしいです。」

fantasticは「(想像を超えて)素晴らしい」という意味を表します。本来は、「空想的な」という意味を持つので「想像を超えた素晴らしさ」といったニュアンスで使うことができます。

何かあなたの予想を遥かに上回るものに出逢った時に、是非使ってみて下さい。

I spent phenomenal days. | 「素晴らしい日々を過ごした。」

  • I spent phenomenal days.

  • 「素晴らしい日々を過ごした。」

spentはspendの過去形で「過ごした」という意味を持つ動詞です。phenomenalは、本当に良いものに対して「素晴らしい」という意味で使います。発音、つづりに気をつけましょう。「フェノメナー(ル)」と発音します。

spentの代わりにhad(haveの過去形) も使うことができます。haveは本来「〜を持つ」という意味を持つ動詞ですが、こちらの「過ごす」というように英語では幅広い意味で使われる表現の1つです。

「すばらしい◯◯だね」って英語で言えますか?

上記では、主に「すばらしい」という英語表現をいくつかご紹介しました。しかし、実際には「すばらしい歌声」や「すばらしい写真」のように「すばらしい◯◯」と表現したい時もあります。

つまり、「すばらしい」はあくまで主語を説明する形容詞なのです。 最後に、「すばらしい◯◯」というように丸ごとフレーズで覚えていきましょう!

  1. 「すばらしい〇〇」の言い方

  2. You have a brilliant singing voice.|「素晴らしい歌声だね。」

  3. This is an awesome picture. |「素晴らしい写真だね。」

  4. Thank you, it was a lovely time.|「ありがとう、素晴らしい時間だったよ。」

  5. You are an excellent teacher.|「あなたは素晴らしい先生だよ。」

  6. It was an incredible memory.|「素晴らしい思い出だった。」

  7. I had a marvelous experience.|「それは素晴らしい経験だったよ。」

You have a brilliant singing voice.|「素晴らしい歌声だね。」

  • You have a brilliant singing voice.

  • 「素晴らしい歌声だね。」

brilliantは「見事な」や「素晴らしい」という意味を持つ英語表現です。芸術的なもの(歌や絵画など)に対して使われることが多いです。

ですが、日常的にもすごく頻繁に使えるフレーズなので是非使ってみましょう。

This is an awesome picture.|「素晴らしい写真だね。」

  • This is an awesome picture.

  • 「素晴らしい写真だね。」

awesome は「素晴らしい」や「最高な」という意味として使える単語です。本来の意味は「驚くべき」という、良い意味でも悪い意味でも使われていました。しかし、現代では「素晴らしい!」とポジティブな意味として使われることが多いです。

この文のように写真などに対しても使えますし、人に対しても使えるのでとても便利なフレーズです。

Thank you, it was a lovely time.|「ありがとう、素晴らしい時間だったよ。」

  • Thank you, it was a lovely time.

  • 「ありがとう、素晴らしい時間だったよ。」

lovelyは「素敵な」や「素晴らしい」という意味を持つ英語表現です。英語では「素晴らしい」という意味でも使われます。人や物に対して、もしくは仕事や天気にまで幅広く使えるフレーズです。

lovelyは特にイギリスでよく使われています。イギリスに行ったら、とりあえずLovely!を使ってあなたもブリテッシュの仲間入り!

You are an excellent teacher.|「あなたは素晴らしい先生だよ。」

  • You are an excellent teacher.

  • 「あなたは素晴らしい先生だよ。」

excellentは日本でもよく耳にする表現の1つではないでしょうか。「素晴らしい」という意味を持つと同時に、excellentは「優秀な」というニュアンスも含みます。

仕事や学校での成績のパフォーマンスを評価するのによく使われる英語表現です。

It was an incredible memory. |「素晴らしい思い出だった。」

  • It was an incredible memory.

  • 「素晴らしい思い出だった。」

incredibleは「信じられない」という意味を持ちます。そこから意味が転じて、「信じられないほど素晴らしい」というニュアンスで使うことができます。

何か忘れられない思い出に対して是非使ってみて下さい。何か驚いたときにも、Incredible..と呟いてみましょう。

I had a marvelous experience.|「それは素晴らしい経験だったよ。」

  • I had a marvelous experience.

  • 「それは素晴らしい経験だったよ。」

「驚くべき」や「不思議な」という意味を持つmarvelousは、amazingと似たような使い方をすることができます。最高級の感動や経験を意味するフレーズの代表的な1つです。

ちなみに、アイアンマンやアベンジャーズなどのマーベルコミックスの由来はmarvel「驚くべき」という単語からきています。

英語学習を継続しているあなたは「素晴らしい!」

みなさんいかがでしたか?今回は「素晴らしい」のネイティブフレーズをご紹介しました。日常生活の中で何かを「素晴らしい」と褒める場面、よくありますよね。

毎回同じフレーズを使うのではなく、その場面によって表現方法を変えてみてはどうでしょうか?そうすることで、より豊かに感情表現ができるようになります。普段の何気ない会話の質をもっと向上させていきましょう。

そして、次回からは【Sakuraの英語留学】シリーズがはじまります。主人公Sakuraが留学に行く物語から実践的な英語を学んでいきましょう。

次回のネイティブフレーズはこちら。

これからも変わらず、英語学習のモチベーションを一緒に高めていきましょう。それでは、また次回でお会いしましょう!