買い物・ショッピングで使える会話フレーズ | Sakuraの英語留学
更新日:

買い物・ショッピングで使える会話フレーズ | Sakuraの英語留学

こんにちは、ライターのTOYAです。前回の第8話では、海外のレストランで使える便利な英会話表現をご紹介しました。友人のCarolが、スムーズに店員とやり取りしている場面から様々な英語フレーズを学習することができましたね。

そんな「Sakuraの英語留学」第9話では、買い物・ショッピングで使える会話フレーズを学んでいきます。イギリスでの生活にもすっかり慣れてきた主人公Sakuraは、現地での買い物にも初挑戦。積極的に英語でうまくコミュニケーションを取ろうとする彼女の姿にも注目です。

実際の場面をイメージしながら、Sakuraと一緒に英語学習していきましょう!まだ1話を読んでいない方は、最初からSakuraのストーリーをチェックしてみてください!

クラスメイトとショッピングモールに行く

ショッピングモール周辺の駅で待ち合わせをしたSakuraと友人のCarol。駅改札前で待っているSakuraの元に、集合時間を少し過ぎたところでCarolが到着したようです。

Sorry for being late.|「遅れてごめん。」

Hi Carol.

Hey Sakura, sorry for being late! When did you arrive?

Don't be sorry. I've arrived here just now. 

Really?? Thank you...

How long will it take to get to the shopping mall from here?

It'll take 10 minutes on foot. Let's go!

Sorry for being late.は、「遅れてごめんね」という意味を表します。Sorry for ~ で、「◯◯してごめんね」という英語表現ですね。forのあとは名詞になるので注意しましょう。口語表現として、とてもよく使われるので使いこなせるようになりたいですね。

相手からSorryと言われた時。皆さんは、英語で何と返事をしますか?

How are you?「元気?」なども同様ですが、これらのフレーズに対して何と英語で返答すればいいのか分からない、という声をよく頂きます。

Sorryの一つの返し方として、Don't be sorry.「謝らなくていいよ」があります。Don't ~ は、禁止のニュアンスを持つ強い命令文ですが、「謝らないでよ」というようにカジュアルに使うことができます。 

  • It will take 10 minutes on foot.

  • 「歩いて(徒歩で)10分かかるよ。」

「徒歩で」は、on foot以外にもby footとも言うことができます。他にも、「電車で」や「車で」と言いたい時はby train、by carと言えますね。

時間をきっちり守る文化は、他の国に誇れる日本の良さですね。そうこう会話をしている間に見えてきたのは、とてつもなく大きな建物。

2人はショッピングモールに到着したようですね。

This is a huge shopping mall!|「大きいショッピングモールだね!」

Here is Westfield shopping centre.

Wow... This is a huge shopping mall!

Yeah, what do you want to get today?

Ah, it’s been getting warm recently, so I want to buy some T-shirts.

Okay, so why don't we go to H&M? There are so many clothes which are reasonable and cute!!

Sounds nice! 

This is a huge shopping mall!!は、「ここはすごく大きなショッピングモールだね」という意味の文です。hugeは、「とてつもなく大きい」という意味の形容詞です。very bigの言い換え表現としてよく使われます。他にも、massiveやenormousも「すごく大きい」という意味を持ちます。色々な言い方を使えるようにしておきましょう。

  • It’s been getting warm recently.

  • 「最近暖かくなってきたね」

という意味を表します。It has beenと、ここでhaveを使った現在完了形の英文法が使われていますね。これで、「〜している」というように、過去のある一点から現在まで一定の行為が継続しているというニュアンスを表します。

be getting ~で、「〜してきている」という意味です。

イギリスは春が終わり、夏が訪れる季節。外の気温が段々と暖かくなってきました。SakuraのTシャツを探しに、2人はH&Mに向かいます。

I'm looking for ◯◯. |「◯◯を探しています。」

Hi!

Hi!

Are you looking for something?

No, I'm just looking.

Oh, actually, I am looking for a T-shirt. I found this at your online store.

Ah, yes! What we have now is in this section.

Are you looking for something?で、「何かお探しですか?」という意味です。look for ~ で、「〜を探す」という英語表現です。

actuallyは、「実際に」や「実は」という意味を持つ副詞です。特に、実際の会話文では文につける接頭語としてよく使われます。

SakuraはOh, actually, I am looking for a T-shirt「あ、実は、Tシャツを探しています。」と言っています。

Can I try it on?|「(店員に)試着できますか?」

Can I try this on?

Sure, the fitting rooms are just over there. Would you like to try others?

Do you have any recommendations?

We have new models of pants for this season.

Ah, I'll think about it. Thank you.

No worries. Please let me know when you finish.

Can I try this on?は、「これを試着できますか?」という意味を持つ文です。try 〇〇 on ~ で、「〜を試着する」という英語表現です。今回のようなショッピングをする場面では、これはまさに必須表現となるので是非とも覚えておきたいフレーズです。

  • Do you have any recommendations?

  • 「おすすめはありますか?」

recommendationは、「おすすめ」という名詞です。

この表現はショッピングのみならず、友達に対してもカジュアルに「何かおすすめのものはある?」と聞くことができますね。様々なシーンで活躍すること間違いなしの英語フレーズです。

お気に入りのTシャツを持ち、フィッティングルームに入ったSakura。似合っているかどうか、友人のCarolに聞いてみるようです。

It looks good on you!|「似合ってるね!」

Oh, you look gorgeous! it looks good on you.

Is it?? I'll take this!

I'm sure everyone will say what I said!! 

I'll take it as a compliment.

I'm always honest with you, Sakura.

Thanks!

It looks good on youは、「それ似合ってるね」という意味です。

Carolが言ったgorgeousは「とてもきれい」という意味の形容詞です。You look 〇〇で「〇〇に見えるよ」。つまり、You look gorgeous!は「とてもきれいだよ!」、You look smart.「かしこくみえるよ」とたくさんの言い方ができます。

I'll take this.で、「これ買うよ。」という意味を表します。

takeの核イメージは、「そこにあるものを自分の意志で取る」 です。さらにそこに「自ら選び出して(選択して)取る」というニュアンスが付け加わることもあります。

例えば、りんごを手に「取る」、写真を「撮る」、レストランの予約を「取る」。これらは、全てtakeを使って表現することができます。複数の使い方が存在するので、まずは一つずつ使いこなせるようにしていきましょう。

  • I'll take it as a compliment.

  • 「(それを)お世辞として受け取るよ」

complimentは、「賛辞」という意味を持つ名詞ですね。相手に褒められた時、少し皮肉っぽく返すフレーズとして使うことができます。

  • I'm always honest with you.

  • 「私はあなたにいつも正直だよ。」

honestは、「正直な」という意味を持つ形容詞です。

Carolがすごく褒めてくれたので、少し恥ずかしそうなSakura。ショッピングを楽しむことができた2人はとても満足しました。

あたりもすでに暗くなった帰り道。どうやらCarolから提案があるみたいです。

I want to invite you.|「あなたを招待したい。」

There is a home party at John's house tonight.

Who is John?

He is Italian and studies at the Upper level in our school.

I want to invite you to the party.

That sounds interesting! It will be an English practice.

Yes! Also, he is good at cooking and said making some Italian dishes for the party.

That gets me excited.

I want to invite you.で、「あなたを招待したい」という意味の文です。inviteは、「〜に招待する」という意味を持つ動詞ですね。

he is good at cooking.は、「彼は料理が得意だ」という意味を表します。be good at ~ ingで、「〜が得意」という意味の英語表現です。この能力は、生まれながらに身につけている才能と、時間をかけて経験を積んだ結果身に着けた技能の両方を指します。

  • That gets me excited.

  • 「ワクワクするね。」

get+人+〇〇は「人を〇〇にさせる」という意味で使うことができます。例えば、That news got me sad.で「そのニュースは私を悲しくさせた。」と使うことができます。letとgetのこのような表現は英語の使役動詞の働きです。

let, getのような使役動詞はこちらで詳しく解説しています。

Carolの提案で学校の生徒Johnのハウスパーティーに招かれたSakura。新しい友人とイタリア料理に胸を弾ませながら、ショッピングモールを後にします。

次回!ホームパーティーへ

いかがでしたか?今回は、「買い物・ショッピングで使える会話フレーズ」をご紹介しました。

海外留学をすると、現地で食料や衣服、その他のものを買いにショッピングで出掛けることは日常茶飯事です。その場面の中で使える英単語や英語フレーズを学ぶことは、留学後の現地での生活をより快適にします。

海外に行けない今だからこそ、実際の状況をイメージしながら「使える英語」を学習する必要があります。

皆さんの英語学習をサポートする一つのツールとして、この「Sakuraの英語留学」シリーズを活用して頂ければとても嬉しいです。

今シリーズのseason1も残すところあと1話となりました。次回の最終話も、主人公Sakuraと一緒に英語を学んでいきましょう!

買い物・ショッピングで使える英語表現・単語まとめ

  1. 買い物・ショッピングで使える英語表現・単語

  2. Sorry for being late|遅れてごめんなさい

  3. Don't be sorry|謝らないで

  4. How long does it take to get to ◯◯?|◯◯までどれくらいかかりますか?

  5. on foot|歩いて

  6. huge|とてつもなく大きい

  7. massive|とてつもなく大きい

  8. enormous|とてつもなく大きい

  9. It has been getting warm|暖かくなってきた

  10. reasonable|お手頃な(価格)

  11. Why don't we ~ ??|〜しない?

  12. I'm looking for ◯◯|◯◯を探している

  13. actually|実際に、実は

  14. Can I try this on?|これを試着してもいいですか?

  15. Would you like to try others?|他にも試されますか?

  16. Do you have any recommendations?|おすすめはありますか?

  17. I'll think about it.|考えますね。

  18. No worries|大丈夫だよ

  19. Let me know when you finish.|終わったら教えてください。

  20. gorgeous|きらびやかな

  21. I'll take this|これを買うよ

  22. I'll take it as a compliment|お世辞として受け取るね

  23. I'm always honest with you|あなたにはいつも正直だよ

  24. I want to invite you|あなたを招待したい

  25. be good at ~ing|〜が得意です

  26. That gets me excited|楽しみだね