イギリス留学2週間|費用内訳や準備方法、おすすめ都市など
更新日:

イギリス留学2週間|費用内訳や準備方法、おすすめ都市など

2週間のイギリス短期留学に興味がありますか。この記事では、2週間のイギリス短期留学の特徴、おすすめの都市、費用の内訳などを詳しく解説します。渡航費や授業料、滞在費などの具体的な費用を知り、効率的な留学費用を理解しましょう。1ヶ月や3ヶ月費用も合わせてご案内しています。

留学のサポートはすべて無料です|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学は、
留学のサポートをすべて無料で提供しています。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
イギリス留学
最新情報を受け取ろう!
  • YMSの最新申請状況をアップデート
  • イギリス留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

2週間のイギリス留学の特徴

春休みや夏休みなどの長期休みなどを活用した2週間の短期留学では時間が限られています。計画的に準備しましょう。

イギリスだけでなくヨーロッパに興味を持つ

2週間のイギリス留学は、イギリスだけなくヨーロッパへの興味を広げる良い機会です。地理的にヨーロッパ諸国と近いのでアメリカ、オーストラリアやカナダに比べてヨーロッパの学生が多く、ヨーロッパカルチャーを感じることができるでしょう。帰国前に旅行を楽しむことも可能です。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

2週間のイギリス留学では、日本の英語教育で習ってきたアメリカ英語との違いに気づくでしょう。発音やアクセント、スペルや語彙など同じ英語でも異なる表現がたくさんあります。

🇺🇸 アメリカ英語

🇬🇧 イギリス英語

Elevator

Lift

Color

Colour

Soccer

Football

例を挙げると、きりがないですが、違いを理解し楽しむことで英語学習への興味関心も高まります。

土日が2回しかない

2週間のイギリス留学では、週末が2回しかありません。有効な時間活用が重要です。イギリス、特にロンドンだと電車やバスで行ける観光地がたくさんあります。美術館や博物館、アクティビティなど自分の興味や関心にあったイベントを見つけて有意義な時間を過ごしましょう。ミュージカルやパブ、サッカー観戦なども人気のアクティビティです。

サマースクール or 留学

2週間に限らず、短期間のイギリス留学で最も人気のシーズンは夏です。夏休み期間はヨーロッパの生徒を中心に世界中から多くの生徒が集まります。学校とホームステイ(または学生寮)という一般的な留学だけでなく、サマースクールも人気です。一般的な留学とは異なり、サマースクールは朝から夜までスケジュールが組まれています。クラスだけでなくアクティビティや遠足など、充実したプログラム内容で小学生から大学生の間で人気です。

中長期留学やワーホリの予行になる

海外での生活経験は、中長期留学の予行演習として最適です。イギリスの教育システムや授業スタイルに慣れることで、中長期留学に向けた良い準備ができます。イギリス以外への中長期留学でも、留学経験は新しい環境に適応する能力を養うことができます。

大人・社会人での短期留学だと、ワーキングホリデー(YMS)の準備としても有効です。語学力の向上だけでなく、現地生活コストを把握したり、友人や知人のネットワーキングを形成することができます。長期滞在時の生活がスムーズにスタートできるようになるでしょう。

2週間のイギリス留学でおすすめの都市

2週間のイギリス留学でおすすめの都市

イギリス留学としてどの都市に留学するかは重要な選択です。2週間という短い期間でも充実した留学体験をするには目的にあった都市を選びましょう。

ロンドン

イギリスの首都で、人気の留学先です。多くの学校、多様な文化、歴史的な建物や多数の観光名所など留学生活を充実させる要素が整っています。公共交通機関も非常に便利です。生活コストは他の都市に比べると高いですが、なんでも揃っています。刺激的な留学生活を送ることができるでしょう。

オックスフォード・ケンブリッジ

オックスフォード、ケンブリッジともに学生都市でどちらにも世界トップ大学があります。どちらも小規模で落ち着いた都市、美しい自然、治安もよくて教育環境として最適です。勉強に専念したい人にとっては理想的でしょう。どちらもロンドンから1時間〜2時間程度でアクセスできるのも良い点です。

その他

都会と自然が融合するブリストルや海辺の都市のブライトンやボーンマス、サッカーで人気のマンチェスターやリバプールなど、イギリスの都市について下記ページにて紹介しています。詳しくは下記リンクよりご確認ください。

イギリス留学相談バナー

イギリス留学 2週間の費用と内訳

2週間の合計費用|40 - 80万円

イギリス2週間の留学費用は40〜80万円程度です。学校の授業数や滞在方法、渡航時期、都市よっても異なります。留学費用の項目を詳しく見ていきましょう。

渡航費|10万円〜

東京 ↔ ロンドンだと往復航空券、最低でも10万円はかかります。平均で20万円程度も見込んでおくと良いでしょう。某比較検索サイトの2024/25年、東京 ↔ ロンドンだと下記のように表示されています。

東京・ロンドン間の航空券費用

夏のピークシーズンは30万〜50万円することもあるので、夏の留学を計画される場合は早めの準備が重要です。

ビザ|0円

2週間のイギリス留学はビザ申請が不要です。ESTA(アメリカ)、eTA(カナダ)、ETA(オーストラリア)などの電子渡航認証も不要。ビザや電子渡航認証の手間がかからないのはイギリス留学の良い点です。

授業料|10万円〜

2週間の授業料は、10〜30万円程度です。地方都市の小規模学校や家族経営の学校であれば、1週間あたり £250 などもありえますが、ロンドンだと£300〜400はかかるでしょう。ビジネスコースやIELTS集中コースだと1週間あたり £500〜600になることもあります。期間限定のスペシャルプロモーションを行っている学校はたくさんあります。申し込みのタイミングによって、お得に申し込めることもあるでしょう。カウンセラーに相談して、学びたい内容と予算にあったコースを紹介してもらいましょう。

滞在費|8万円〜

2週間の滞在費は8〜20万円程度です。滞在費は都市によって大きく変わります。ロンドン中心部の学生寮では2週間で20万円を超えることもありますが、地方都市のホームステイなら£400(約8万円)以下になることもあります。滞在方法もカウンセラーに相談すると良いでしょう。

入学金|1万円〜

学校によって異なりますが、入学金は1〜2万円程度です。Registration Fee(学校登録費)として £50〜100 の費用がかかります。

滞在先手配料|6,000円〜

入学金同様、学校によって料金は異なりますが、6,000〜12,000円程度かかります。ホームステイ・学生寮などアコモデーションを手配する際にかかる手数料です。

教材費|5,000円〜

教材費も学校によって異なりますが、5000円〜1万円程度です。Book Fee や Material Fee として請求されます。最近は、E-book を採用している学校やレンタルできる場合もあります。

空港送迎費|2万円〜

どの空港なのか、片道か往復かによって異なります。公共交通機関を利用してご自身で滞在先に行くことも可能です。小中学生、UMサービスを利用することも可能です。

*UM (アナカン/Unaccompanied Minor) サービスとは、満5歳以上11歳未満までのお子様が一人での渡航を航空会社がサポートするサービス。

食費|2万円〜

食費は個人差がありますが、2万円程度あれば生活できるでしょう。ただし、滞在費用に食事が含まれている場合に限ります。ホームステイでは、朝晩提供されることが多いですが、学生寮では基本的に食事は提供されません。昼食や外食を楽しみたい場合は予算を追加する必要があります。

交通費|3,000円〜

ホームステイか学生寮、どちらに滞在しているかによって異なります。学生寮は学校から徒歩圏内に多く、交通費がかからないことが多いです。ロンドンのホームステイだと2週間で数千円かかります。地方都市のホームステイだと徒歩圏内も珍しくありません。

海外旅行保険|8,000円〜

2週間(14日間)の海外旅行保険は8,000円〜2万円程度です。保険会社やプランによって異なります。「新しい時代の留学」では保険のご相談も無料で行っております。公式LINEにてお気軽にご連絡ください。

雑費|1万円〜

雑費として携帯の通信費、お土産代、イベントやアクティビティへの参加費用などが含まれます。無料の博物館や美術館も多いですが、有料のものも多くあります。ミュージカル鑑賞やサッカー観戦、音楽コンサートなどは事前に費用を確認しておくか、手配しておくと良いでしょう。

夏特別料金|6,000円〜

夏は留学のピークシーズンで、各学校が特別な追加料金を設定しています。基本的に滞在費に上乗せされてますが、授業にかかる場合もあります。1週間、£30 程度が相場です。適用期間は学校によって異なりますが、6月から9月に設定されてます。

イギリス留学 1ヶ月の費用

53 - 130万円

  • イギリス留学 1ヶ月費用 内訳

  • 授業料:16 - 40万円(£800 - 2,000)

  • 滞在費:14 - 40万円(£700 - 2,000)

  • 生活費:8 - 20万円(£400 - 1,000)

  • 航空券:15 - 30万円

  • 合 計:53 - 130万円

2週間留学と1ヶ月留学では、費用だけなく、生活体験や英語学習など様々な側面で異なります。イギリス留学、1ヶ月の費用と特徴は下記ページよりご確認いただけます。

イギリス留学 3ヶ月の費用

123 - 330万円

  • イギリス留学 3ヶ月費用 内訳

  • 授業料:42 - 120万円(£2,100 - 6,000)

  • 滞在費:42 - 120万円(£2,100 - 6,000)

  • 生活費:24 - 60万円(£1,200 - 3,000)

  • 航空券:15 - 30万円

  • 合 計:123 - 330万円

3ヶ月留学は短期留学期間として最適でしょう。2週間の短期留学はトータルコストを抑えられますが、1週間の費用は割高です。3ヶ月留学では1週間あたりの費用が割安になる傾向があり、長期滞在割引や特別プランを利用できることがあります。3ヶ月の詳しい費用は下記ページよりご確認ください。

イギリス留学相談バナー

イギリス2週間留学の事前準備

ビザ申請は不要

2週間のイギリス留学は観光ビザ(Standard Visitor)で滞在できます。ビザ申請は不要ですが、パスポートの有効期限をしっかり確認してください。事前準備として、入国審査で学校の受け入れ書類(入学許可証)や滞在先の情報、帰国便を提示できるように準備しておきましょう。

週末の観光やイベントを調べる

2週間の短期留学でも、週末に観光やイベントに参加して現地の文化を楽しみましょう。事前に訪れたい観光地やスポット、イベント情報を調べておくことがおすすめです。平日はまとまった時間を取ることが難しいですが、週末の自由時間を有効活用して留学生活を充実させましょう。

現地のお金や支払いについて

イギリスの通貨はポンド(GBP - £)です。特にロンドンではカード社会なので、あまり多くの現金を持っていく必要はありません。また、現金を受け付けていないお店もあります。クレジットカードやデビットカードを用意して渡英しましょう。スライド式や差し込み式よりも、タッチ決済できるカードが便利です。

交通について

現地での移動手段として、公共交通機関(バス、電車、地下鉄など)を利用することが一般的です。イギリスには、日本のSuicaやICOCAのようなカードで、簡単に公共交通機関を利用できるカード(オイスターカード)があります。公共交通機関の利用方法や料金、交通アプリの使い方も事前に確認しておくとスムーズです。

携帯について

2週間の留学であれば、ポケットWi-Fiでも対応可能ですが、現地で使えるSIMカードがおすすめです。日本で購入して現地でアクティベート、もしくは空港の携帯ショップで購入するとショップ定員がアクティベートしてくれます。SIMカードを入れる場合はSIMロック解除が必要です。事前に日本でロック解除しておきましょう。

2週間のイギリス留学は「新しい時代の留学」で!

「新しい時代の留学」では2週間留学に最適な学校紹介や滞在先手配などを無料で手配しております。お気軽にLINEまたはコンタクトフォームからお問い合わせください。

\ 新しい時代の留学LINE公式アカウント /
イギリス留学
最新情報を受け取ろう!
  • YMSの最新申請状況をアップデート
  • イギリス留学お役立ち情報を配信
  • 留学カウンセラーと無料で相談できる

この記事を書いた人

子ども世代の留学からサポート|新しい時代の留学とは

新しい時代の留学
編集部

「新しい時代の留学」は、デジタル留学エージェンシーです。各国の最新情報を配信しています。LINEに友だち追加して頂くと、最新の留学情報をお届けします!