より合わせるは英語で?
語源も知ってる?

twist
より合わせる

twistより合わせる)の語源

古英語では「綱」の意味。

原義は「2つに分けられたもの divided object」でそこから「巻く」「からませる」「ねじる」「(顔を苦痛で)ゆがめる」「歪曲する」などと意味が広がりました。

twin(双子の一方)、twig(小枝)、twice(二度)、twine(より糸:より合わせる)、entwine(からませる)などは関連語。

派生語はtwister(難問、つむじ風)。

用例を3つ:
I twisted my wrist. 手首をくじいた
a twisting road 曲がりくねった道
a tongue twister 早口言葉 

twistより合わせる)の単語ランク

B1Survival Level
A1
A2
B1
B2
C1
C2

職場、学校、娯楽など身近な事柄に関する標準的な発話や文章の要点が理解し、自分の興味ある話題について意見を述べるのに求められる語。

参考指標

英検準1〜1級TOEIC900+

英語大百科の単語ランク

ランクを選択して単語を見つけよう

「英語大百科」では、「ヨーロッパ言語共通参照枠」(通称CEFR)の6段階区分に準じて作成した基準表に従ってC2~A1の記号で表しています。

twistより合わせる)の単語カテゴリー

Activity
活動

英語大百科の監修者Navigators