Miscellaneaその他
英語大百科カテゴリー

Miscellanea
その他

Miscellanea(その他)カテゴリーの最新の単語

alibi

アリバイの語源

「現場不在証明」「口実」「言い訳」、(動詞)「言い訳をする」などとも。 「他の(場所に)(al-)+存在して(-ibi)」という組立てで、原義は「どこか別の場所で elsewhere」。 alias(別名)、alien(外国の)、allergy(アレルギー)、alter(変更する)、alternative(二者択一の)などはal-でつながる関連語。 【用例】 He had no alibi. 彼にはアリバイがなかった prove alibi アリバイを証明する She didn’t alibi for being late. 彼女は遅刻の言い訳をしなかった

thing

の語源

「物体」「無生物」「事柄」「問題」「事実」「-s 事情」「出来事」「-s 〜道具」など幅広く応用。 古英語由来の語。 原義「集会 meeting」は既に失われています。 some, every no, anyと組み合わせてできたsomething(あるもの、何か)、everything(あらゆること)、nothing(何も〜ない)、anything(どんなことも)は日常会話に欠かせない代名詞。 thingを用いた諺を1つ: To say is one thing, to do is another. 言うのと行うのとは全く別なこと

paucity

小数の語源

「少量」「不足」「欠乏」「払底」などを意味する語。 印欧祖語の語根pau-(小数、少量)からラテン語paucus (few, little)、古フランス語paucité を経由して英語に。 「少し」を意味する英語のfew、イタリア語poco、フランス語peu はpau-につながる関連語。 poor(貧しい)、pauper(貧困者)、poverty(貧困)はみな「貧しい」仲間。 【用例】 a paucity of resources 資源不足 a paucity of imagination 想像力の欠如 a paucity of evidence 証拠不足

any

何かの語源

文構造によって「どれか」「どれでも」「少しでも」「だれも」「どんな〜でも」など用途多彩。 古英語ænig (1つ)由来の語。 an(=one)に接尾辞-y(〜の性質を持つ)の付いた形で、構成・意味共にラテン系のunique(唯一の *un-=one + -ique=-ic)とそっくりです。 anymore(もはやこれ以上)、anyone(だれか、だれでも)、anything(何か、どれでも)、anytime(いつでも)、anyway(いずれにせよ)、anywhere(どこでも)など、複合語として大活躍します。

all

すべてのの語源

「全部の」「全体の」「あらゆる」、(副詞)「すっかり」「完全に」、(代名詞)「全ての物」「全部」などと応用。 eall (古英語)、al (中英語)を経てallに。 さまざまな語と組み合わせて幅広く用いられます。 【用例】 alone たった1人で(*lone 独りの) almighty 全能の(*might 力) almost 九分通り(*most 大部分) already すでに(原義:すっかり準備ができている) altogether 全く(*together 一緒に) always いつも(原義:道中ずっと)

yellow

黄色(の)の語源

光り輝く(shine)を原義とする語。 目立つことから警戒色(warning color)として利用されます。 gold(金)、glow(光り輝く)、gall(胆汁 原義:黄色い汁)は色でつながる同根語。 yellowは明るく良い印象を与えると思われがちですが、英語では嫉妬深い(jealous)、臆病な(cowardly)、低俗な(vulgar)など見下した視点からの用法が目立ちます。 用例を3つ:yellow looks ねたましそうな表情 yellow dog 臆病者 yellow press 低俗で扇情的な新聞

red

赤(い)の語源

緑(green)、青(blue)と並ぶ原色の1つ。 主な派生語はredden(赤くする/なる)とreddish(赤みを帯びた)の2つ。 ルビー(ruby)、rust(さび 原義:赤くなった)、ruddy(血色のよい)、rubicund(赤ら顔の)、robust(たくましい)などは関連語。 血(blood)、夕焼け(sunset)、情熱(passion)、危険(danger)、恋(love)、興奮(excitement)はredから連想が働きやすいとされる事象。 あなたの連想は行く先は? 用例を2つ: reddish brown 赤みがかった茶色 brownish red 茶色がかった赤

brown

茶色(の)の語源

dark(暗い)、brunet(褐色の *同根語)、tanned(日に焼けた)はbrownの代表的類義語。 bear(熊)、beaver(ビーバー)は共に「褐色の(動物)」を原義とするbrownの関連語。 Bruin(クマさん、クマ公)は子供向けの童話などに登場する茶色の熊の呼び名。 His face was well browned.は「彼の顔はよく日に焼けていた」の意味— と、これでbrownの世界が少し広がりました。 brownのついた身近な食品を3つ: brown rice 玄米 brown sugar 赤砂糖 brown bread 黒パン

gray

灰色(の)の語源

イギリス式はgreyと綴ります。 黒(black)と白(white)の間に位置づけられ、薄暗く(dim)不明瞭な(unclear)な意味合いが付きまとう語。 grayのもたらす連想はdull(退屈な)、cloudy(どんよりした)、boring(退屈な)、old(年老いた)、pale(青白い)、ambiguous(あいまいな)、ash(灰)、lead([léd] 鉛)など、どこか元気がないものばかり。 用例を5つ: gray face 青ざめた顔 gray skies どんよりした空 gray hairs 白髪 gray power 老人パワー gray area あいまいな領域

black

黒(い)の語源

古くはink(インク)の意味で使われていた語。 white(白)の対語ということで長らく闇(darkness)や邪悪(evil)に結びつけられて来ました。 現在も多くの用例で暗く悪いイメージが付きまとっています。 用例を7つ: black hole ブラックホール(=抜け出しようのないもの) black lie 悪意のあるうそ black magic 黒魔術/妖術 blackmail 恐喝 原義:黒い贈り物 black mark 経歴上の汚点 black market 闇市場 blackout 停電、一時的記憶喪失 

white

白(い)の語源

「善(goodness)」「純潔」「無実」「平和(peace)」など、対語のblack(黒)とは逆の連想が働く言葉。 色彩語(color words)と連想関係はさまざまですが、白についてはよいイメージで捉える文化が多いようです。 そうそう、wheat(小麦)の原義も「白い」です。 並べれば発音も近そうですね。 派生語はwhiten(白くする/なる)とwhiteness(白さ)。 用例を3つ: egg white 卵の白身 black-and white photos 白黒写真 My hair is whitening. 白髪が目立ちだした

green

緑(の)の語源

誰もが知る色彩語(color words)の1つ。 原義はgrow (成長する)でgrass(草)と同根。 「若々しい」「活気に満ちた」「新鮮な」「未熟な」「無知の」はgreenの持つ象徴的意味(symbolic meaning)。 環境問題(environmental issues)が取りざたされる近年では「環境に優しい」(ecological)という意味まで参加。 1980年代に登場した新語greenwashは「見せかけの環境公報活動」や「不正送金」などの意味。 whitewash(ごまかす 原義:白く上塗りする)に倣った造語です。

single

たった1つのの語源

singleは原義(only one)に基づく「1つだけの」「1人用の」「単一の」といった用法が中心の語。 対して関連語で原義を共有するsimpleには「単純な」「質素な」「だまされやすい」「無知な」「混じりけのない」などと用法が拡大しています。 singleとの使い分けが必要ですね。 比較例を少々。 single room(1人部屋) vs. simple room(飾り気のない部屋) single life(独身生活) vs. simple life(質素な暮らし) single error(唯一の間違い) vs. simple error(単純ミス)

double

二重のの語源

doubleはdou-(2)と-ble(重ねる)が合わさった語で、基本の意味は「二重に重ねる」です。 -bleはラテン語plicare (折りたたむ)の変化形で、double以外はsimple(単純な)、triple(三重の)、quadruple(四重の)、quintuple(五重の)のように-bleではなくラテン語綴りを残した-pleが使われます。 スポーツにおける「2対2」の対戦競技はdoublesで。 「1対1」の場合はsimpeの関連語single(たった1つの)を使ってsinglesと必ず複数形で。

word

の語源

文法用語の1つverb(動詞)とwordは同根。 根っこにあるのは印欧祖語の語根wer- (話す)から変化したラテン語verbum (語)。 つまり、verbとwordは原義「話す speak」を共有する姉妹なのです。 形容詞wordy(口数/言葉数の多い)とverbal(口頭の、言葉による)を並べれば互いの繋がりは明らか。 発音も似ていますね。 a man of wordsは「言葉の達人」の意味— おしゃべりな人(a wordy man)というわけではありません。

Latin

ラテン語(の)の語源

イタリアの古代国家Latiumが起源。 「ラテン語」の他にも「ラテン系民族(の)」「ラテン音楽(の)」などの意味も。 ラテン語は今でこそ実用語としての機能を失っていますが、西欧中世あたりまで大きな力を持っていたこともあり、末裔である仏語(French)、イタリア語(Italian)、スペイン語(Spanish)、ポルトガル語(Portugese)などはもとより、ゲルマン系の英語にまで多大の影響を及ぼしています。

meaning

意味の語源

動詞mean(意味する、〜のつもりで言う)の名詞形。 「意味する」→「意味すること」→「意味」となったもので、build(建てる)→building(建物)と同じく「行為の結果生じたもの」を指す-ing用法。 主な派生語はmeaningful(意味のある、重要な)とmeaningless(無意味な、取るに足らない)。 mind(心)はmeanの関連語。 言葉は心の表れということでしょうか。 What do you mean? は使い方次第で喧嘩になりかねないきわどい表現。

英語大百科の単語ランク

ランクを選択して単語を見つけよう

「英語大百科」では、「ヨーロッパ言語共通参照枠」(通称CEFR)の6段階区分に準じて作成した基準表に従ってC2~A1の記号で表しています。

英語大百科の監修者Navigators