Food & Drink飲食物
英語大百科カテゴリー

Food & Drink
飲食物

Food & Drink(飲食物)カテゴリーの最新の単語

juice

ジュースの語源

野菜(vegetable)や果実(fruit)の汁、肉(meat)などの出し汁(broth)を指す語で、動物の体液や樹液などにも広く応用されます。 juiceは健康によい(healthy)と思われがちですが、特に市販のものでは、想像以上に糖分(sugar)が多いとされます。 摂取過多は糖尿病(diabetes)のみならず、肥満(obesity)や虫歯(tooth decay)、便秘(constipation)などの病気を誘発する危険がいっぱい。 juicy(果汁たっぷりで美味しい)と喜んでばかりは居られないかも…。

ham

ハムの語源

「すねの肉」を原義とする語で、今は「ひざ裏のくぼみ」あるいは食べ物のハムを指して使われます。 pork(豚肉)のももの部分を用いた加工食品で紀元前5-6世紀にはすでに存在していたという記録があります。 なお、baconは豚の背や横腹の肉を使ったもの。 そのまま食べられる加工肉(cold meats)は便利な食品ですが、一方で健康への悪影響も指摘されています。 食べ過ぎにはくれぐれもご用心。 ham stringは「ひざの腱」のこと。

egg

の語源

卵といえば鳥。 ラテン語avis (鳥)は中英語(Middle English)で「卵」を意味するeyと同根であることから、昔の人も同じ連想を抱いていたことがわかります。 その卵、殻はeggshell、黄味はyolkで白身はwhite of eggと言います。 fried egg(目玉焼き)、scrambled egg(炒り卵)、boiled egg(ゆで卵)は誰もが知る鶏卵料理。 なお、鳥類や爬虫類(reptile)の卵は殻(shell)で守られていますが、両生類(amphibian)と魚類の卵には殻がありません。

water

の語源

純粋な水(H2O)はtasteless(無味)でodorless(無臭)かつcolorless(無色)。 日本語には「水」「湯」と両者を区別する語がありますが、英語はwaterに形容詞を添えてboiling water(熱湯)、tepid water(ぬるま湯)、cold water(冷水)と表現。 freshwater(真水)、sea water(海水)、brackish water(汽水=内湾や河口部に見られる半塩水)もどうぞ。 wet(ぬれた)、otter(カワウソ)、whisky(ウイスキー 原義:生命の水)、vodka(ウォッカ)はみなwaterから生まれたもの。

beer

ビールの語源

ラテン語bibere (飲む)由来の語で原義は「飲み物」。 アルコール飲料(alcoholic drinks)としては世界で最も古いものの1つ。 ウイスキー(whisky)と同じく麦芽(malt)を用いて作られます。 イギリス人に愛されるaleもbeerの仲間。 beverage(水以外の全ての飲料)およびimbibe(酒などを飲む)は関連語。 日本初のビール醸造所(brewery)の誕生は1869(明治2)年、場所は横浜の天沼(あまぬま)。 派生語はbeery(ビールの、ビール好きな、ビール臭い)。

tea

の語源

中国語の「茶 te」から世界に広まった語。 世界中の茶は英語のteaやフランス語のthéのような「テ」型か、インドのchaiや日本語の茶のような「チャ」型のどちらかに集約されます。 英語圏でteaといえば紅茶のことですが、緑茶(green tea)や烏龍茶(oolong)と区別したいときはblack teaで。 afternoon teaはイギリス流「午後の紅茶」のことですね。 日本流「茶会(茶の湯)」はtea ceremonyと表現します。 茶園はtea gardenで。

biscuit

ビスケットの語源

biscuitは古期フランス語由来の語で原義は「2度bis- 焼かれた-cuit」。 もとは軍隊用・航海用の保存食として作られた堅焼きパンのことですが、現在はscone(スコーン)の類もビスケットと呼ばれます。 -cuit(調理された)の起源はラテン語coquere (調理する)で、cook(調理する:コック)、cuisine(料理、調理法 原義:台所)、kitchen(台所)は同根語。 biscuitはイギリス英語で、アメリカではcookieと言います。

croissant

クロワッサンの語源

crescent(三日月 * croissantは姉妹語)に似せて作られたパン。 時はオスマン帝国による第二次ウィーン包囲の1683年。 2ヶ月に渡る激戦を制し勝利したオーストリア人(Austrians)はオスマン国旗にある三日月を模したパンを焼いて戦勝祝い。 クロワッサンの誕生です。 当時のトルコ人(Turks)はヨーロッパ最大の恐怖。 仏語にはfort comme un Turc (トルコ人のように強い)という定型表現が残されています。

dressing

ドレッシングの語源

dressingとdress(衣服)のつながりを感じ取っていた人は言語習得能力が高い人です。 「着飾る」のがdressで「料理の味を調えるもの」がdressing— そう、dressingは「まっすぐにする」「きちんと整える」というdressの原義に沿った語なのです。 ほかにもaddress, rule, right, direct, correct, rigidなど、dressの仲間には事欠きません。 互いにどう関係するのか、自ら探査し、自身の英語知識を整理整頓するのもよい学習法。

英語大百科の単語ランク

ランクを選択して単語を見つけよう

「英語大百科」では、「ヨーロッパ言語共通参照枠」(通称CEFR)の6段階区分に準じて作成した基準表に従ってC2~A1の記号で表しています。

英語大百科の監修者Navigators