Feeling感じ
英語大百科カテゴリー

Feeling
感じ

Feeling(感じ)カテゴリーの最新の単語

foreign

外国のの語源

ラテン語foris (戸外の out of doors)が起源。 「外国の」に始まって「異質の」「他地方の」「無関係の」「馴染みのない」などの意味でも用いられます。 主な派生語はforeigner(外国人)で法律用語のalienは類義語。 forest(森 原義:外側の森)はforisで結ばれる同根語。 【用例】 a foreign body in the blood 血液中の異物 foreign travel 海外旅行 a foreign student 留学生 a foreign accent 外国人訛(なま)り a foreign aid 対外援助

little

小さいの語源

不規則変化形容詞(little-less-least)。 「小規模の」「小形の」「幼い」「わずかな」「殆どない」「重要でない」「可愛い」、(副詞)「少しも〜ない」「ほどんどない」「多少は」、(名詞)「少し」「多少」など幅広く応用。 a littleでは「少しある」に、単にlittleでは「ない」の方に意味が傾きます。 【用例】 a little hope わずかな望み little hope 望みはほとんどない He ate a little. 少し食べた He ate little (or nothing). ほとんど食べなかった

few

少ないの語源

「小数の」「わずかの」「多少の」「少量の」、(名詞)「小数の人」「少量のもの」などとも。 印欧祖語の語根pau-(小数、少量)由来の語で、poor(貧しい)、pauper(貧困者)、poverty(貧困)などは同根語。 aまたは他の限定詞を付ければ「肯定的な意味」、無冠詞だと「否定的な意味」— fewの基本用法です。 【用例】 He reads a few books every week. 彼は毎週2、3冊の本を読む He reads few books. 彼は本をほとんど読まない

weak

弱いの語源

原義は「強くない not strong」。 「壊れやすい」「虚弱な」「劣った」「飲み物が薄い」などの用法も。 派生語はweaken(弱くする/なる)、weakness(弱さ、弱点、好きでたまらないもの)、weakly(体が弱い、病弱な)、weakling(虚弱者、病身の人、弱虫)。 対義語strong(強い)同様、応用範囲の広い語。 用例を3つ: strong in the arm and weak in the head 腕っ節は強いが頭は弱い a weakly child 病弱な子 I have a weakness for doughnuts. ドーナツに目がない

strong

強いの語源

「力のある」「丈夫な」「健康な」などの訳語も。 古英語strang (強い)由来の語。 派生語はstrength(強さ、体力、知力、強度)。 これに-en(〜にする/なる)を付ければ動詞strengthen(強くする/なる)が出来上がります。 string(ひも、数珠つなぎになったもの、楽器の弦:紐で縛る、つなぎ合わせる)は関連語。 用例を4つ: strong mind 強い心 strong muscles 強い筋肉 strengthen muscles 筋肉を強化する with full strength 全力で

low

低いの語源

対義語であるhighと同じくゲルマン語(Germanic)系。 「卑しい」「下品な」「乏しい」などの訳語も。 lie(横たわる)および lay(横たえる、置く)は同根語。 「横たわる」↔「低い」はわかりやすい連想。 動詞はlower(降ろす、低くする)で比較級と同形。 lownessは位置・身分・程度・価値・数量・音量などが「低いこと」「少ないこと」を意味する名詞。 lowの用例を2つ: low comedian ドタバタ喜劇役者 lowbrow 無教養な(人) *brow まゆ毛

high

高いの語源

ドイツ語hoch(=high)につながるゲルマン語系の語。 名詞・副詞としても用いられます。 「高貴な」「高級な」「主要な」「横柄な」など「高い」に結びつけて広く応用されます。 主な派生語はhighly(非常に、高度に)、height(高さ)、heighten(高くする/なる)。 用例を7つ: high season 最も利用客の多い時期 highway 主要道路 high street 本通り high noon 真昼、絶頂期 high living ぜいたくな生活 high society 上流社会 highbrow 知識人 *brow まゆ毛

well

十分にの語源

不規則変化(well-better-best)。 用法は大別次の3通り。 (副詞・形容詞)「裕福に」「健康に」「上手に」「元気な」「申し分のない」、(名詞)「井戸」「泉」「源泉」、(動詞)「湧き出る」「噴出する」。 派生語はwellness(健康な状態)、unwell(具合が悪い *un-=not)。 will(意志)、wealth(富)など、関連語もなかなかの賑やかさ。 【用例】 a better life よりよい生活 I feel unwell. 気分がすぐれない her best days 彼女の全盛時代 It will work well. うまくいくでしょう

bad

悪いの語源

当初は人について用いられていましたが、今では「邪悪な」「劣った」「粗悪な」「有害な」など「よくない」ものはなんでも引き受ける語に。 worse(比較級)、worst(最上級)と不規則変化。 派生語はbadly(悪く、ひどく)とworsen(悪化させる/する)。 badを用いた諺(ことわざ)を3つ: Bad news travels fast. 悪いうわさはすぐに広まる(cf. 悪事千里を走る) Bad/Good things come in three. 悪いこと[よいこと]は3つ揃ってやって来る(cf. 二度あることは三度ある)

good

よいの語源

原義は「適切な fitting, suitable」。 better(比較級)、best(最上級)と不規則変化。 副詞はwell(上手に、適切に、よく)で対義語はbad(悪い)。 goodwife(主婦)、goodman(主、家長)、goodwill(好意、親切、[商業]のれん、営業権)、goods(商品)などはgoodを軸とする関連語。 goodを用いた諺(ことわざ)を3つ: A good beginning makes a good ending. 始めよければ終わりよし Good fences make good neighbors. よい(=適切な)垣根はよい隣人を作る The goods die young. 善人は若死にする

complex

多くの部分から成るの語源

ラテン語plicare (折り重ねる fold)を起源とする語で原義は「一緒にcom- 織られた-plex」。 語根-plexには変化形が多く、例えばapply(応用する) complicate(複雑な) simple(単純な) employ(雇う) display(陳列する)などはみな「たたむ」「重ねる」を起点にする関連語。 主な派生語はcomplexity(複雑さ)とcomplexion(顔色、外観)。 用例を3つ: a complex problem 複雑な問題 the complexity of the problemその問題の複雑さ a fine complexion よい顔色

simple

単純なの語源

分解すれば「1つsim- 重ね-ple」。 「簡潔な」「質素な」「気取らない」「偽りのない」と概ねよい意味ですが「一介の」「取るに足らない」あたりで風向きが変わり「無学な」「馬鹿な」で急落下。 どの意味で用いるか、要注意。 double(2倍の、二重の)やtriple(3倍の、三重の)は代表的な関連語。 派生語はsimplify(簡単にする)、simplicity(平易、簡素)など。 用例を2つ: a simple way of life 質素な暮らし a simple answer 誠意ある回答

liberty

自由の語源

freedom(自由)の守備範囲と重なる部分がありますが、libertyが強調するのは暴力的支配や幽閉、仕事といった拘束状態からの解放。 New York港の自由の女神(Statue of Liberty)の毅然とした姿を想像するとよいでしょう。 主な派生語はliberal(寛大な、偏見のない)とliberate(解放/釈放する)。 用例を3つ: liberty, equality, fraternity 自由平等友愛(フランス共和国の標語) a liberal thinker 偏見のない考え方をする人 liberate a slave 奴隷を解放する

free

自由なの語源

原義は「親愛なる dear」で、周辺を探れば「愛する love」「妻 wife」「娘 daughter」さらには「友 friend」との繋がりまで浮かび上がってきます。 「さまざまな束縛から自由な」という意味で広く使われる語。 派生語はfreedom(自由)とfreely(自由に)。 -freeは「〜なしの」「〜を伴わない」を意味する使用頻度の高い複合表現。 用例を3つ: an alcohol-free party 酒類無しのパーティ a childfree couple 子供を持たない夫婦 a duty-free shop 免税店(*duty 関税)

safe

安全なの語源

ラテン語salvus (健康な、完全な)由来の語で、solid(堅固な)、salute(挨拶する=相手の健康を願う)は「健全」で手を取り合う関連語。 safeには「金庫」の意味の名詞用法も。 動詞save(救う、蓄える)とつながっていますね。 「安全(性)」「安全対策」などを意味するsafetyは日本語としても使われるようになりました。 用例を4つ:Safety First. 安全第一(標語) a safety razor 安全カミソリ a safety net 安全網 a safety zone 安全地帯

motivation

やる気の語源

move(動く)→motor(原動機)→motion(動き)→motive(目的)→motivate(する気にさせる)と煽(あお)れば終にはmotivationにたどり着きます。 仏語経由のmotifはmotiveと同じく芸術作品の「主題(モチーフ)」という意味。 ところで、近頃よく耳にするモチベーション— 「やる気」で間に合うものをわざわざ奇妙な音に変えるのにはどんなmotivationが働くのでしょうね。 「やる気」のほうがはるかにやる気になれると思うのですが…。

important

重要なの語源

import(輸入する:輸入)から生まれた語。 気づいていた人はsuper! importの原義は「運び-port込むin-」で、「(港に)運び込む必要があるほどに大切な(もの)」という連想から「重要な」という意味になりました。 主な派生語はimportance(重要性)、importable(輸入できる)、importantly(重大 なことに、もったいぶって)。 export(輸出する)、report(報告する)、transport(輸送する)、sport(気 晴らし)などport(港:運ぶ)を起点とする関連語多数。

anger

怒りの語源

古ノルド語angr (悲しみ grief)から英語に。 そのangrはラテン語angere (窒息させる choke)が起源。 形容詞angry(怒っている)はangerがあふれている(-y)状態のこと。 窒息ではないにしても危険な状態とは言えますね。 関連語anxious(不安を覚える)、anxiety(不安)からも締めつけられるような苦悶が聞こえて来そうです。 ことわざにAnger is a short madness.(怒りは一時の狂気)とあります。 あおると本当に窒息するかも。

cold

寒いの語源

cold morning(寒い朝)、cold bath(冷水浴)、cold front(寒冷前線)、cold reply(つれない返事)など用途多彩。 「風邪」の意味ではchest cold(せきの出る風邪)やhead cold(鼻風邪)、catch cold(風邪を引く)などの形で用いられます。 よく似た意味のchilly(うすら寒い)、cool(涼しい)、gelid(極寒の)は同根語。 使い分けられると便利です。 jelly(ゼリー)、gelatin(ゼラチン)は関連語。 イタリア式アイスクリームのgelatoも仲間。

freedom

自由の語源

「形容詞 + -dom」で「状態」を表す名詞ができあがります。 「〜の所領」「〜界」「〜の地位」などの意味で用いられる「名詞 + -dom」に較べて数は少なく、代表語はfreedom以外ではbored(退屈した)→boredom(退屈)とwise(賢い)→wisdom(知恵)の2つがあるのみ。 freedomは行動や発言、思想などの自由を意味する語で、freedom of religion(信教の自由)、~ of speech(言論の〜)、~ of thought(思想の〜)、~ of expression(表現の〜)のように使います。

happy

うれしいの語源

happyとhappenは同胞、親はhap(偶然の出来事 原義:幸運)— これが見えればあなたの英語世界は既にして融通無碍。 幸運が多い(-y)からhappy(幸せな)、偶然現れる(-en)ならhappen(起こる) happening(出来事)、偶然まかせ(per-)だからperhaps(ひょっとすると)と、これでhapの世界が画然と広がります。 親のhapは子供達を残したまま自身は休眠中。人生の禍福(haps and mishaps of life)と言いますがmishap(災難)の方はできれば…。

英語大百科の単語ランク

ランクを選択して単語を見つけよう

「英語大百科」では、「ヨーロッパ言語共通参照枠」(通称CEFR)の6段階区分に準じて作成した基準表に従ってC2~A1の記号で表しています。

英語大百科の監修者Navigators